あの 頃 君 を 追いかけ た キャスト。 『あの頃、君を追いかけた』(台湾映画)が視聴できる動画配信サービスまとめ

あの頃、君を追いかけた : 作品情報

あの 頃 君 を 追いかけ た キャスト

地方の都市の高校に通う水島浩介。 彼は、クラスの仲間たちとふざけたり、バカなことばかりしながら、お気楽な高校生活を楽しんでいた。 そんなある日、浩介の度を越した悪ふざけによって授業が中断するというハプニングが起こる。 激怒した教師。 そして浩介のお目付け役として任命されたのが優等生の早瀬真愛だった。 クラスで一番の優等生で真面目な真愛。 そんな彼女を疎ましく思う浩介。 しかし、彼と4人の仲間たちにとって、中学時代からの憧れの存在だった真愛に浩介の胸は少しずつざわつきはじめていくのであった。 映画『あの頃、君を追いかけた』を動画視聴することについては以下の記事でも紹介しています。 ぜひチェックしてみてください。 その後、2014年で『ライヴ』で映画初主演を務めていますね。 2016年には舞台『宮本武蔵(完全版)』で舞台初主演を務め、舞台作品としても読売演劇大賞優秀作品賞を受賞していますね。 2017年は『おんな城主 直虎』で大河初出演、映画だけで14本出演、その役柄と印象のふり幅から「カメレオン俳優」という異名を持っている、非常に才能に溢れている俳優さんですね。 高校卒業までの間、大阪〜東京までオーディションを受けに来て落ちたらそのまますぐ帰るという日々が続いたようです。 2015年1月、短編映画『LOTTE SWEET FILMS』「MY NAME」で女優デビューされています。 2018年7月期のドラマ『この世界の片隅に』で、約3,000人の応募者の中から5回にわたるオーディションを経て主人公・すず役を獲得。 冬には伊藤健太郎とともにJR SKISKIのCMキャラクターに選ばれてますね。 2019年には、映画『おいしい家族』で長編映画初主演を果たしています。 松本穂香さんに関しては、以下の記事でもご紹介しています。 ぜひチェックしてみてください。 早稲田大学政治経済学部に進んで、中退されていますね。 その後、向島三四郎さんと知念正文さん主宰の劇団「暫」に入団され、つかこうへいさんと出会うというのがターニングポイントになっているようですね。 劇団つかこうへい事務所に属し、74年「初級革命講座飛龍伝」でデビュー。 劇団「暫」に所属のまま、風間杜夫さん・平田満さんとで、つかこうへい作品のほとんどに出演されてこられているようです。 劇団解散後は、劇作家・演出家として数多くの舞台作品を発表されてきています。 また、1990年映画「バカヤロー! 3 へんな奴ら」で映画監督デビューされ、脚本作品として「ホワイトアウト」「ソウル」にも参加されていますね 2016年、『つかこうへい正伝』で新田次郎文学賞、AICT演劇評論賞、講談社ノンフィクション賞などを受賞されている、隠れた実力派の演出家・監督・作家さんですね。 スポンサーリンク まとめ:映画『あの頃君を追いかけた』みどころ.

次の

あの頃君を追いかけたの山田裕貴が演じる役名は?実話のラスト結末も

あの 頃 君 を 追いかけ た キャスト

映画『あの頃、君を追いかけた』のあらすじ 遡ること10年前、地元の高校に通う山田裕貴さん演じる水島浩介は、4人の仲間と一緒にバカなことばかりして楽しい高校生活を過ごしていた。 夢や目標も見つからないままお気楽な毎日を繰り返していた浩介でしたが、 ある日浩介のおふざけが教師の逆鱗に触れ、浩介のお目付け役に齋藤飛鳥さん演じる早瀬真愛が任命されます。 真面目で堅い真愛を疎む浩介でしたが、ある時浩介の胸がグラつきます。 それは真愛が浩介と4人の仲間にとって、中学時代からの憧れの存在だったからでしょう。 一方、真愛は浩介を子どもっぽいとしか思っていませんでした。 しかし、ある日教科書を忘れた真愛を浩介が救ったのをきっかけに浩介のことが気になり始めるのでした。 時間を重ねるうちに、真愛が作った数学テストや青ペンの跡が染みた白シャツなど二人の思い出も増えていきます。 しかし、別々の大学に進学した二人の心は徐々にすれ違い、浩介の格闘技を見たのをきっかけに二人は疎遠になってしまうのでした。 そのうち真愛は結婚することになり、結婚式前に浩介は真愛と過ごしたあの頃を思い出すのでした。 10年前に言えなかったお互いの思いを知った浩介と真愛に待ち受ける結末とは… 映画『あの頃、君を追いかけた』の出演者・スタッフ 監督 監督は 長谷川康夫監督です。 1990年に『バカヤロー!3 へんな奴ら』で映画監督デビューし、その後多くの作品の脚本や舞台演出を担当しています。 キャスト 水島浩介 山田裕貴 早瀬真愛 齋藤飛鳥 小松原詩子 松本穂香 大野陽平 佐久本宝 町田健人 國島直希 秋山寿音 中田圭祐 杉村一樹 遊佐亮介 水島浩介を 山田裕貴さん、早瀬真愛を 齋藤飛鳥さんが演じます。 特に、乃木坂46の人気メンバーである齋藤飛鳥さんは本作が映画初出演で初ヒロインとなります。 齋藤飛鳥さんが持つ可憐な空気感が、早瀬真愛のキャラに抜群にマッチしています。 主題歌 主題歌を担当したのは Thinking Dogsです。 過去多くのドラマや映画の主題歌として楽曲が使用されています。 Thinking Dogsが担当した本作の主題歌は 「言えなかったこと」です。 【ネタバレ】映画『あの頃、君を追いかけた』の各シーンの考察 リンゴを食べるシーン 居残りで勉強していたある日、浩介がリンゴを持ってきます。 浩介は教室でリンゴを丸かじりしますが、お堅い真愛は家に持ち帰り丁寧に皮をむいて食べます。 個人的に、このシーンは二人の性格を比喩的に表していて印象に残りました。 まるで自分に殻なんか存在しないとばかりにりんごを丸かじりする浩介と、どこか素を出せずにいるお堅い真愛が比喩的に表現されていたように感じます。 真愛がポニーテールになるシーン ある時、二人はテストで勝負することになります。 浩介が負ければ坊主に、真愛が負ければポニーテールという約束でした。 勝負は当然真愛が勝ち、浩介は坊主になって二人で笑い合います。 その後、すぐに学校で体育大会が開催されます。 普段は髪を下ろしている真愛でしたが、その時浩介と4人の前を通ったのはポニーテールをしている真愛でした。 その姿を見た浩介たちは美しい真愛に見惚れるのでした。 このシーンで真愛がポニーテールになった理由は何でしょうか? 体育大会だったからというのもありますが、個人的には浩介に負けたことを示しているのではないかと感じました。 では、何で負けたのか? それは、 恋です。 真愛の心が浩介に落とされたことを示しているのではないでしょうか。 あくまで個人的な考察ですが、私は真愛が浩介との 恋の勝負で負けたように思います。 パラレルワールド 「パラレルワールド」は物語の後半で何度も出てくるというワードなので、何かを示唆しているように感じました。 二人が連絡も取らないまま数年が経ったある日、大きな地震が起こります。 その時、浩介が一番に電話したのが真愛でした。 そこで浩介は真愛になぜ自分と付き合わなかったのかを尋ねます。 そして、真愛はこう答えます。 「本当の自分の姿を見せて失望させるのが怖かった。 浩介のことがよく分からなかった。 近づきすぎるのも怖かった。 さらに真愛は浩介が坊主にした時、髪を切ったのが自分だったら付き合っていたんじゃないかと言います。 そして、浩介は次のセリフを言います。 「パラレルワールドを信じるか?そこでは俺たち付き合っているかもしれない」と。 実は、浩介が髪を切ってもらった理容室は、次の日通ると存在していなかったというシーンが前半であります。 すなわち、浩介はあの 一瞬だけパラレルワールドにいたのではないでしょうか? そして、もしパラレルワールドに浩介が一切移らない世界があったとしたら… 二人は付き合っていたということでしょう。 たった一瞬の出来事が未来を大きく変えるというメッセージだと思います。 小説家・水島浩介 浩介は真愛にパラレルワールドの話をしたのをきっかけに、パラレルワールドを題材にした小説を書きます。 その小説が出版社の目に止まりデビューする浩介。 10年前、上手く言葉にして思いを伝えられなかった浩介が、小説家という言葉だけで伝える職業に就く。 浩介が過去の経験を通して成長した証だと感じました。 そして浩介は結婚式を終えて、ある小説を書きます。 その題名は 「あの頃、君を追いかけた」 あの頃伝えられなかった真愛への思いを小説として書き留めるのでした。 さいごに 今回は映画『あの頃、君を追いかけた』を紹介しました。 様々な思いが交錯していた二人。 「あの頃、こうしていれば」と思う二人に対して、二度と戻らない時間。 皆さんもきっと「あの頃」の後悔がいくつもあるのではないでしょうか? 後悔した過去がある方も、青春真っ只中の方にも見て欲しい作品です。 きっと懐かしいあの頃を思い出したり、後悔しないために一歩踏み出す勇気をくれる映画になるでしょう。 気になる方は、ぜひご覧ください。

次の

齋藤飛鳥,乃木坂,山田裕貴,あの頃、君を追いかけた

あの 頃 君 を 追いかけ た キャスト

2011年、ほぼ無名のキャスト、新人監督の作品でありながら200万人を動員し、社会現象を巻き起こすほどの空前のヒットなった台湾映画『あの頃、君を追いかけた』。 舞台を日本に移し、旬の若手俳優たちにより新たな物語として生まれ変わる。 主人公の浩介には、映画にドラマにと、毎作品ごとに違う顔を見せ、若き演技派として高い評価を受けている山田裕貴。 ヒロインの真愛には乃木坂46の齋藤飛鳥。 数々の雑誌の表紙を飾り、グループの顔とも言える存在の彼女が、少しお堅いヒロイン・真愛を演じきり、女優としての才能も見事、開花させた。 更に映画にテレビドラマに大活躍の松本穂香。 映画にドラマに個性が光る中田圭祐、佐久本宝、國島直希、遊佐亮介など、旬の若手俳優たちが結集した。 CAST 山田裕貴 水島浩介 今作で主演の水島浩介役を演じさせていただくことになりました。 台湾版の映画を拝見したときに、飾っていない、ありのままの高校生が自分たちなりに一生懸命生きている世界観が本当に素晴らしいなと感じて、久々に泣いてしまいました。 そんな自分の心が揺さぶられた作品をやらせて頂くので、プレッシャーも感じていますが、あの感動を自分もしっかり届けたい、壊したくないなと強く思うようになりました。 監督やスタッフさんと台本の事を細かく相談しながら作品づくりに挑戦しています。 今回、ヒロインの齋藤飛鳥さんと初めて共演するのですが、芝居作る役者同士、チームを引っ張りながら、一緒に出演してくださる役者さんやスタッフさん達と共に素晴らしい作品を作り上げていきたいと思います。 1990年9月18日生まれ。 愛知県出身。 2011年、ドラマ「海賊戦隊ゴーカイジャー」で俳優デビュー。 初主演の舞台「宮本武蔵(完全版)」(16)では第24回読売演劇大賞優秀作品賞を受賞。 数々の舞台・ドラマ・映画に出演し、徹底した役作りで作品ごとに違った表情を見せ、演技派俳優の地位を確立していく。 2018年は、ドラマ「ホリデイラブ」(18)、「特捜9」(18)、映画『となりの怪物くん』(18)、『万引き家族』(18)『虹色DAYS』(18)などに出演。 2019年前期連続テレビ小説「夏空」への出演が決定している。 齋藤飛鳥 齋藤飛鳥 初めての映画出演でヒロイン役をやる事になるとは思ってもいなかったので、とても不安です。 主要7名すべての役に愛おしいところがあるので、それが伝わるといいなと思います。 精一杯頑張りますので、どうか温かく見守ってくださるよう、心よりお願い致します。 1998年8月10日生まれ。 東京都出身。 2011年、乃木坂46の1期生オーディションに合格。 2012年、乃木坂46の1stシングル「ぐるぐるカーテン」で選抜入りしデビュー。 2015年、宝島社が出版する女性ファッション誌「CUTiE」初の専属モデルに抜擢。 その後、休刊が発表されてからは、「sweet」のレギュラーモデルに就任。 様々な服を着こなし、男性のみならず、女性からも絶大な支持を得る。 2016年、「少女のみる夢」でドラマ初主演。 2017年には舞台「あさひなぐ」で主演を務め、本作で映画初出演を果たす。 松本穂香 小松原詩子 台湾のオリジナル版を観たときに、そのまっすぐさと純粋さに心を動かされました。 そんな素晴らしい作品の日本版リメイクということでプレッシャーもありますが、日本版は日本版で、私たちにしか表現出来ないものをこの作品に込めていけたらなと思います。 素敵なキャスト、スタッフさん達と心をひとつにして、まっすぐな気持ちでこの作品と向き合いたいと思います。 1997年2月5日生まれ。 大阪府出身。 2015年、主演ショートムービーで女優デビュー。 素朴で透明感のある演技で注目を集める。 その後も、「ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子」(16)、「黒い十人の女」(16)、『青空エール』(16)、「連続テレビ小説 ひよっこ」(17)、「下北沢ダイハード」(17)、『MATSUMOTO TRIBE』(17)、ドラマW「食い逃げキラー」(18)、「平成物語」(18)、『恋は雨上がりのように』(18)など多数のドラマ・映画に出演。 また、放送後に話題となったauのCM「意識高すぎ!高杉くん」シリーズなどのCMにも出演。 國島直希 町田健人 今作で町田健人役を演じさせていただくことになりました。 撮影では、リアルな高校生の真っ直ぐさ、自由さを大事にしています。 自分はこの台湾版の映画を観た時、初恋を思い出して涙しました。 日本版の「あの頃、君を追いかけた」では、台湾版の名シーンは残しつつ、日本オリジナルのシーンもたくさんあります。 山田裕貴くん、齋藤飛鳥さんを筆頭に日本で出来る最高の青春ラブストーリーを作りたいと思っています。 1994年8月1日生まれ。 岐阜県出身。 2013年に第26回ジュノン・スーパーボーイ・コンテストで、応募総数13117人の中からグランプリを受賞。 2014年に舞台「BLACK10」で俳優デビュー。 2014年、映画『人狼ゲーム BEAST SIDE』で映画初出演。 2016年「動物戦隊ジュウオウジャー」でドラマデビューを果たし、その後もドラマ「わにとかげぎす」(17)、「モブサイコ100」(18)、映画『劇場版 動物戦隊ジュウオウジャーVSニンニンジャー 未来からのメッセージ from スーパー戦隊』(17)などに出演。 中田圭祐 秋山寿音 こんなに純粋でまっすぐな青春物語の中の一員として、 生きれることにとてもワクワクしました。 個性豊かなメンバーとこれから送る日々がとても楽しみです。 最高の青春をお届けできるように精一杯頑張ります。 よろしくお願いします。 1995年11月27日生まれ。 神奈川県出身。 2014年9月「第29代メンズノンノモデルオーディション」で2000人を超える応募の中からグランプリに輝く。 メンズノンノ専属モデルとして活動する中、2016年、ドラマ「毒島ゆり子のせきらら日記」で俳優デビュー。 2017年、『君と100回目の恋』で映画初出演。 2018年「花のち晴れ〜花男Next Season〜」C5の一員・栄美杉丸役で、初の連続ドラマレギュラー出演を果たす。 その他、映画『となりの怪物くん』(18)などに出演。 遊佐亮介 杉村一樹 僕自身の"あの頃"は中学高校と6年間、汚くも愛すべき男子校生活でしたので、僕の失われた"あの頃"を取り戻そうと、ふがふが息巻いて撮影に挑みました。 でもそこにあったのは、バカを言い合う男子とちょっとだけ大人な女子という、なんて事はない、これまた素敵な"あの頃"でした。 素敵なキャストと素晴らしいスタッフの皆さまの胸を借りて演じさせて頂きます。 1992年9月17日生まれ。 宮城県出身。 ハイスクール漫才2010年優勝後、東京NSCに17期生として入学。 ハンプティダンプティというコンビを経て現在は主にピンでインプロビゼーションコメディアン(即興コント芸人)として活動中。 100キロ超えの巨漢で特技に柔道(初段)・キックボクシング・逆立ちなど、アクロバットができる他、英語が堪能、演技力や歌唱力にも定評がある。 主な出演作に、即興劇「THE EMPTY STAGE」、CXゼロテレビ「めちゃユル!」などがある。 STAFF 監督: 長谷川康夫 1953年生まれ。 北海道出身。 大学在学中から、劇団つかこうへい事務所に所属。 82年の劇団解散後は、劇作家・演出家として多くの舞台作品を発表。 『バカヤロー! 3 へんな奴ら』 90 で映画監督デビュー。 『恋は舞い降りた』 97 でもメガホンをとる。 主な脚本作として、『君を忘れない』 95/渡邊孝好監督 、『ホワイトアウト』 00/若松節朗監督 、『亡国のイージス』 05/阪本順治監督 、『山桜』 08/篠原哲雄監督 、『聯合艦隊司令長官 山本五十六』 11/成島出監督 、『起終点駅 ターミナル』 15/篠原哲雄監督 など。 16年、上梓した『つかこうへい正伝』で、新田次郎文学賞、講談社ノンフィクション賞などを受賞。 主題歌: 「言えなかったこと」 Thinking Dogs 2014年6月より始動。 TSUBASA Vo. 、わちゅ~(B)、Jun(G)、大輝 Dr. からなるロックバンド。 メンバーチェンジを経て、2015年6月にシングル「世界は終わらない」でメジャーデビューを果たす。 同曲はTBS系ドラマ「ヤメゴク〜ヤクザやめて頂きます〜」の主題歌に抜擢。 その後、映画『劇場霊』 15/中田秀夫監督 の主題歌 「もしも あなたが…」 や、TVアニメ「NARUTO -ナルト- 疾風伝」のエンディングテーマ 「そんな君、こんな僕」 、TVドラマ「モブサイコ100」 18/TX の主題歌 「愛は奇跡じゃない」 等、これまで発表した6枚のシングル全てがタイアップに起用されている、人気、実力共に大注目のボーイズバンド。 本作主題歌のニューシングル「言えなかったこと」は2018年9月26日(水)リリース予定。

次の