山田一郎夢小説。 山田三郎 (やまださぶろう)とは【ピクシブ百科事典】

#ヒプノシスマイク #山田一郎 【夢】山田一郎と普通の恋

山田一郎夢小説

山田一郎 [やまだ いちろう] (CV 木村昴)• MC name:MC. B (エムシー・ビッグ・ブラザー)• 『 萬屋(よろずや)ヤマダ』の経営者• 伝説のチーム【The Dirty Dawg (TDD)】の元メンバー• イケブクロ・ディビジョンの山田兄弟 長男• TDD加入以前は悪徳金融屋で取り立て屋のバイトをしていた過去も。 かつては有名な不良だったが、今は弟思いで地元商店街のおばちゃん達からも何かと気遣われる好青年!(筆者視点)• 趣味はアニメ鑑賞とラノベ蒐集。 ヨコハマ・ディビジョンのリーダー、碧棺左馬刻とは犬猿の仲 山田二郎 [やまだ じろう] (CV 石谷春貴)• MC name:MC. B(エムシー・ミドル・ブラザー)• 一郎の影響を真っすぐに受け継いだ 高校二年生• 兄のことを神格化し、その影響で不良になった……という設定ですが、ドラマトラックやコミカライズでは、不良というより勉強が苦手だけど男女問わず人気がある高校生として描かれています• モテるのに女の子とはどう接したらいいか分からないところがかわいい• 兄を倣ってアニメやラノベにも詳しい 山田三郎 [やまだ さぶろう] (CV 天﨑滉平)• MC name: MC. B (エムシー・リトル・ブラザー)• 株で儲け、ハッキングをするスーパー 中学三年生• 一郎が大好き• 兄二人のように不良にはならず何でもそつなくこなす天才肌• 一見人当たりは良いが、性格がやや? ひん曲がっているため友達は少ない• 趣味はボードゲームやカードゲーム• 兄たちのオタク趣味にはついていけていない 池袋ディビジョンの3人は名前が普通で読みやすい!! 一郎を演じる 木村昴さんはドラえもんのジャイアン役などでも活躍する声優さんですが、自身のヒップホップユニットでもラッパーとして活動しています。 ヒプマイ声優にラップをレクチャーしたり、ヒップホップの啓蒙をしたりと、ヒプマイを引っ張っている存在。 で時々(?)ツイートされる謎センスあふれる投稿 褒)も見どころ。 また、『俺が一郎』で作詞としてクレジットされてる『好良瓶太郎』の招待も木村昴さんである事が判明しています。 一郎を盲目的に慕う二郎と三郎が、 兄を慕うが故に毎度小競り合いを起こすのがたまらなく胸をくすぐります。 ……が、しかし! 実は小さい頃の三郎は、二郎の後を一生懸命くっついてきていて、二郎もそんな三郎をすごくかわいがっていました。 山田兄弟は、中の人同士も仲が良く、木村昴さんご本人のTwitterで4thライブ期間中に流れた「」のタグがついたツイートが最高に幸せでした。 MAD TRIGGER CREW(マッド・トリガー・クルー) ヨコハマ・ディビジョンの3人 碧棺左馬刻 [あおひつぎ さまとき] (CV 浅沼晋太郎)• MC name:Mr. Hc(ミスターハードコア)• ヨコハマ界隈を仕切る火貂組の ヤクザ• 伝説のチーム【The Dirty Dawg (TDD)】の元メンバー• 組長も左馬刻には手を焼いている様子• 山田一郎とは犬猿の仲• 最愛の妹の為にヤクザに• 山田一郎とは犬猿の仲• ものすごくガラは悪いが、仲間思い• 理鶯が嬉しそうに作る(不穏な)料理を、何とかして食べるために限界まで腹を空かせようとスクワット始めるような一面も 入間銃兎 [いるま じゅうと] (CV 駒田航)• MC name:45 Rabbit(フォーティファイブ ラビット)• 現役の 警官• 薬物を排除するため警官になった• 賄賂、ゆすり、タカりと悪いことばかりしている限りなくブラックな公務員• 反面、 「薬物は絶対に許さない」という姿勢を貫いている• MTCの中では最も社会性がありそう? な、まとめ役ポジション 毒島メイソン理鶯 [ぶすじま メイソン りおう] (CV 神尾晋一郎)• MC name:Crazy M(クレイジーエム)• アメリカ人と日本人のハーフで 元海軍• 普段は穏やかで 人に尽くすことが好き• 料理の腕は『一応』プロ級だが、食材はサバイバルで調達• 理鶯の味付けを受け入れられたのは、今の所シブヤの帝統とシンジュクの独歩だけ• 『特殊掃滅作戦部隊』という部隊で、特殊任務を行っていた フリガナがないと読めない名前が素敵すぎる横浜のMTC! かなりバラバラな職業の3人。 ヤクザがリーダーで、このメンバー……という事で結構ガラが悪い印象を受けます。 左馬刻と銃兎が一触即発、という場面もありましたが、ドラマCDやディビジョン曲を聞くと、3人が醸し出す空気はものすごく ほのぼのしています。 お互いを思い合うシーンも多く、癒されます。 イカツくてドスがたっぷり聞いていて、触れたら切れそうに尖っている強面のイケメンたちが、ワイワイしながらキャンプの焚火を囲んでいるのって、すごく萌えませんか!? ギャップが魅力です! ちなみにこの3人の声優さんは、女性向け人気コンテンツ『あんさんぶるスターズ!』でも共演していたりします。 Fling Posse(フリング・ポッセ) シブヤ・ディビジョンの3人 飴村乱数 [あめむら らむだ] (CV 白井悠介)• MC name:easy R(イージーアール)• 小学生にも見える程の小柄で可愛い ファッションデザイナー• 伝説のチーム【The Dirty Dawg (TDD)】の元メンバー• ちなみに24歳。 その容姿と言動で凄まじくモテる• 麻天狼の寂雷とは犬猿の仲• 実は、乱数は人間ではなく、クローン? ロボット? という考察がファンの間でひそかに出ている謎多き人物• 中王区の勘解由小路無花果とはH歴誕生直後から連絡を取り合う間柄で、乱数の行動の多くは中王区からの指示に従ったもの 夢野幻太郎 [ゆめの げんたろう] (CV 斉藤壮馬)• MC name:Phantom(ファントム)• 職業は 作家、執筆ジャンルは多岐にわたる• つかみどころのないキャラクターで、説得力のある嘘をつく• 乱数に何かウラがあることを察している• コミックでは病院で友人を見舞っているシーンが描かれていますが、友人の姿は描かれていません。 まだまだ明かされていない部分が多そう 有栖川帝統 [ありすがわ だいす] (CV 野津山幸宏)• MC name:Dead or Alive(デッド オア アライブ)• ギャンブラー、ギャンブル狂• 7月7日生まれ、177cm、77kgとラッキーセブンにこだわった設定に『体重が重すぎでは?』と話題に……筋肉質?• 行き倒れたところをヨコハマの理鶯に助けられ、手料理を振舞ってもらったというエピソードも• 内閣総理大臣の東方天乙統女の息子ではないかというファンの考察も• ガチャーンドゥルルルルーンチリンチリンチリン• にゃー? ポップで、元気いっぱいで、かわいくて……まだヒップホップの世界観や雰囲気がよく分からない女の子たちが一番受け入れやすいポジションだった渋谷の面々。 けれど、物語が進むにつれ「実は一番ブラックでドロドロしたものを抱えているのでは?」とファンをヒヤヒヤ(ワクワク)させてくれています。 下手に触れたら壊れそうな、刹那的な輝きを感じさせるのがシブヤディビジョンです! 中の人としては、飛ぶ鳥を落とす勢いの人気声優・白井悠介さんと斉藤壮馬さんに、ほぼ新人の野津山幸宏さんという組み合わせも魅力的で面白いチームです。 麻天狼(まてんろう) シンジュク・ディビジョンの3人 神宮寺寂雷 [じんぐうじ じゃくらい] (CV 速水奨)• MC name:ill-DOC(イルドック)• 腰まで届くロングヘアの 医師• 伝説のチーム【The Dirty Dawg (TDD)】の元メンバー• ラップはFling Posseの乱数から教わった• 乱数とは現在犬猿の仲 基本的には穏やかな性格で、座禅と釣りが趣味の人格者だが、 酒を飲むと人が変わる• 実は人体を知りつくした 殺し屋としても知られていた 伊弉冉一二三 [いざなみ ひふみ] (CV 木島隆一)• MC name:GIGOLO(ジゴロ)• チャラ男 ホスト。 でも実は極度の 女性恐怖症• 女性に対する恐怖心を克服する為にホストになり、努力の結果、スーツを着ると『女好き』に• リーダーの寂雷とは一緒に魚釣りに行く仲• 独歩とは小学生からの幼馴染で ルームシェア中! 食事作りは主に一二三が担当 観音坂独歩 [かんのんざか どっぽ] (CV 伊東健人)• MC name:DOPPO(ドッポ)• 医療系の会社員、社畜 サラリーマン• 独り言が多い、かなりの悲嘆主義者• その性格のせいで小学生時代からの幼馴染である 一二三が唯一の友人• 部屋がとても汚い• 寂雷先生と一二三から釣りに誘われてもこれまで参加できなかったが、トラック『』で初めて3人で釣りに行けた様子 ディビジョン・ラップバトルではイケブクロ、シブヤ、ヨコハマを下して シンジュク・ディビジョンが優勝。 落ち着き払った寂雷先生が見守る中に、共依存しているようにも感じる独歩と一二三がいるという組み合わせがオタク女子たちの心を鷲掴みにしました。 コミカライズで描かれた、ラップバトル決勝戦直前に嵌められて終わらない残業をすることになった独歩の元に一二三が駆けつけ、先生が独歩を陥れたヤツのところへ向かう、というエピソードがすごく良かったです。 摩天狼、最高……! 当初大ベテランの速水奨さんがラップをするということに驚き、話題になりましたが、そこは流石声のプロ! 聞きごたえあります! どついたれ本舗 どついたれほんぽ オオサカ・ディビジョンの3人 2019年9月7日に行われたヒプノシスマイク 4thライブにて発表された新ディビジョン! コミックで登場した白膠木 簓や天谷奴零がメンバーに。 白膠木簓 [ぬるで ささら] CV 岩崎諒太• MC name:Tragic Comedy(トラジックコメディー)• ピンの お笑い芸人• 人を笑わすことが何よりも好きな性格• オオサカ・ディビジョン発表以前に、コミックでも登場していたキャラ• 当時からバリバリの関西弁。 細目がカワイイ 躑躅森盧笙 [つつじもり ろしょう] CV 河西健吾• MC name:WISDOM(ウィズダム)• 過去に、 簓とお笑いコンビを組んでいたが、 簓の才能に自分が釣り合っていないと感じ解散• 教師としては生徒たちから慕われている• ヒプマイメインキャラでは2人目の 眼鏡キャラ!• 名前の画数がすごく多くて、学生時代テストのときに苦労してそう……などと考えてしまいました。 あがり症で先生って、大丈夫なのかな!? 天谷奴零 [あまやど れい] CV 黒田崇矢• MC name:MC MasterMind(エムシー・マスター・マインド)• 詐欺師• オオサカ・ディビジョン発表以前に、コミック、ドラマトラックどちらにも登場していた• 中王区の管理するシステムを勝手に利用していたり、内閣総理大臣の東方天乙統女から電話がかかってきたりと、どういうポジションにいるのかまったく読めない人物• 名前のアナグラム、MC name、その他さまざまな面から『 実は山田一郎・二郎・三郎の父親では?』という考察も。 2019年12月24日発売のアルバム、 『Buster Bros!!! -Before The 2nd D. B-』にて、天谷奴零が山田一郎、二郎、三郎の父親である事が公式に確定しました。 これにあわせて、公式Webサイトのイラストも帽子とサングラスを外したものに変わり、零も山田兄弟同様オッドアイで有る事が分かりやすくなっています。 チーム名が面白くて、それだけで全部持っていかれそうです。 ヒプマイのお笑い担当になるのか、と思いきや、クールなラップを聞かせてくれたら一気に惚れそう! もちろん笑えるネタ満載のラップでも大歓迎。 未知数過ぎて「何でも来い!」。 2019年12月25日、公式webサイト 変りました。 Bad Ass Temple バッド・アス・テンプル ナゴヤ・ディビジョンの3人 2019年9月8日に行われたヒプノシスマイク 4thライブにて発表された新ディビジョン! 波羅夷空却 [はらい くうこう] CV 葉山翔太• MC name:NAMEEvil Monk (イーブルモンク)• ナゴヤ・ディビジョン発表以前に、コミックでも登場していたキャラ• 一郎の良き仲間だった人物• 元気いっぱいで威勢の良いキャラ 四十物十四 [あいもの じゅうし] CV 榊原優希• MC name:14th Moon (フォーティーンスムーン)• ヴィジュアル系ミュージシャン、ボーカリスト• 学生の時、過酷ないじめにあっていた。 その時に獄が弁護人になり、以後は獄の事を尊敬している• 泣き虫、ナルシストで友達がいない• ブタのぬいぐるみ『アマンダ』を大事にしている• 厨二(?)全開のリリックの裏に、内気な本音を隠すMC()が特徴。 常時翻訳が欲しい• そういえば名古屋はビジュアル系バンドをたくさん産んだ土地 でした• 歌ってるうちに無くなっちゃった ラップする尺 天国獄 [あまぐに ひとや] CV 竹内栄治• 弁護士• 金を積まれれば大抵の仕事を受ける• いじめ問題を心底憎み、被害者の依頼に関してはタダでも請け負う• 辛辣な口調とは裏腹に、面倒見が良い• 寂雷先生と旧知の仲• かつて十四が受けていた過酷ないじめの 弁護をしていた• お金次第でどんな仕事も受けるけど、いじめは許さない! という設定は、麻薬を心底憎む悪徳警官、ヨコハマの銃兎とも被ります 紫のチームカラーが表現する通り、高貴で謎めいていて色気も感じるナゴヤ。 コミックスにもドラマトラックにも登場していない十四と獄の関係性が気になります! どんな風に会話するんだろう、どんな口調なんだろう!? まとめ ドラマの中では既に、チームを越えた交流(まだ挨拶程度ですが)も活発に描かれていて、それも面白いです。 2019年12月に配信される予定のアプリゲーム『ゲーム ヒプノシスマイク-A. 「いったいこの先どうなるの!? 」とワクワクが止まりません。 ばらばらに見えた人間関係が、実は繋がっていた……という新情報もでてきて楽しいですね。 今後の展開がますます楽しみなヒプマイに引き続き注目していきたいと思います!.

次の

山田太一 (脚本家)

山田一郎夢小説

来歴 [ ] 生い立ち [ ] 父親は 、母親は出身。 両親はで大衆食堂を経営していた。 小学校3年のとき、でに家族で転居する。 を経て、に国文学科を卒業。 早稲田大学の同窓にのがいた。 在学中、寺山とは深い親交を結び、寺山がで休学・入院すると山田は頻繁に見舞って話し合った。 寺山の母から見舞いを控えるよう叱責された後は手紙をやり取りした。 後に寺山脚本の映画『夕陽に赤い俺の顔』『わが恋の旅路』()で山田はを務めている。 寺山の死去から32年が経過した2015年に、両者が学生時代に交わした書簡や寺山の日記を収めた『寺山修司からの手紙』が、山田の編著によりより刊行されている。 教師になって休みの間に小説を書きたいと思っていたが、就職難で教師の口がなかった。 大学の就職課でが助監督を募集していると聞かされ、松竹を受験する。 松竹入社から脚本家へ [ ] 松竹に入社後、監督に師事。 助監督時代には、木下自ら再編集を行ったワイド(リバイバル)版『』の予告編制作も手がけた。 木下には現在も敬愛の念を抱いているという。 前半から、木下恵介の映画をに脚色する仕事を始めた。 に退社して、フリーの脚本家になる。 木下に「連続(ドラマ)を書いてみろ」と言われて、に枠の『』を執筆。 「プロになろう。 絶対当てよう」という意気込みで臨み、高視聴率を上げる。 翌の『パンとあこがれ』に携わって、初めて「テレビは面白い! 」と思ったという。 木下に「書きたいように書いていいよ」と言われて発表した『それぞれの秋』() で、平凡な家庭が崩壊の危機に直面するさまをシリアスに描き、受賞。 1973年には、ヒッピー風の若者(萩原健一)と頑固な老人(西村晃)の確執と交流を描いた『河を渡ったあの夏の日々』 NHK を発表した。 『山田太一シリーズ』以降 [ ] 、が脚本家の名前を冠した脚本家シリーズを開始し、その先発に選ばれる。 「脚本家の名前が最初に出るということは後々みんなに影響すると思ってね(…)緊張してやった仕事」と回想している。 なかでも の第3部のエピソード「シルバー・シート」は第32回ドラマ部門大賞を受賞した。 に連載した小説を自身の脚色でテレビ化した『』()が、高い評価を受ける。 「戦後の日本の社会が一つの家族にどんな影響を与えてきただろうかということをプラスとマイナス両方込めて書いてみよう」 という意欲を持って執筆。 中流家庭の崩壊をリアルに描き、それまでの和やかなホームドラマとは対照的な「 辛口ホームドラマ」と呼ばれ、放送史に残る名作とされた。 に『』を発表。 大河ドラマとしては初めてのオリジナル作品となった。 作品は好評を博したものの、「二度と大河はやらない(…)僕には向いてない」という思いを抱き 、以後の大河ドラマには参加していない。 『』()は24歳の女性たちを主軸にした群像ドラマで、「今考えると嘘みたいだけれども、主人公が複数いるドラマがほとんどなかったんです(…)それで、どの人が主人公かわからないような作品を書いてみようという野心があった」という。 裏番組が脚本『』で、二大ライターの対決としても話題になった。 本人は「そういう形で競争させられるのは、情けない思い」と述懐している。 『』()は、「小市民を非常に否定する存在を出して、その否定に(小市民は)どれくらい立ち向かうことが出来るか」 を描くという挑戦的な意図で臨んだ。 視聴率は低迷したが、視聴者からの手紙や電話などで大きな反響を呼んだ。 同じ1983年にスタートした 『』は、大学生の青春群像をリアルに描いて、まで継続する人気シリーズとなる。 を主人公にした『』()で、第2回受賞。 『日本の面影』はに自身の脚色で舞台化されて再演を重ね、にはとでも上演されている。 に、小説『』でを受賞。 1990年代以降 [ ] からには「連続ものをやめようという気持になってきた。 連続の企画を実現させていくプロセスが、自分とちょっと合わないなという気がして」 という思いがあったようだが、 の『』で12年ぶりに民放の連続ドラマに復帰した。 1月にを患い、執筆が難しくなっていることを『』(2017年9月1日号)のインタビューで明らかにした。 「事実上の断筆宣言」と報じられたことに対して、中の山田は『』の取材に対して、「あと1本くらい書く余裕はあるかも分からない」と、断筆宣言を否定している 2019年春頃からマスコミ関係者から連絡が取れなくなり、『』2020年1月7・14日号に「山田太一が音信不通に…老人ホームで孤独な生活」と報じられる。 記事では川崎市内の老人ホームに入居して20平米ほどの部屋で暮らしているというテレビ局関係者の情報が紹介され、「『脚本家の僕を知っている人たちとは、もう会いたくない』と近親者に話しているそうだ」という伝聞のコメントも載ったが、該当の老人ホームにいるという裏付けは得られなかったとしている。 同じ記事では山田の次女による「今は(老人ホームとは)別の場所にいます。 私の家とか、姉の家とかを行ったり来たりです」「今は仕事をしたいという感じじゃないんです。 他のことをやったりという感じです」というコメントが紹介されている。 2019年10月26日放送のNHK「」に出演し(収録はそれよりも前)、「書きたいテーマ」について「本当に自分本位に考えれば、死を待っているわけですから、死ぬということがどういうことかということを、ワッと書けたら素晴らしいと思いますけどね」とコメントした。 作風 [ ] 若い世代から老人まで、さまざまな世代の人物を登場させることが多い。 その点は「前世代があって、良くも悪くも次世代があるわけで、まったく切り離されて、ある世代が存在してるわけでもないから」と話している。 『』()などでを脇役に起用していたが、「笠智衆さんを主役に仕事をしたいという思いがあって」、『ながらえば』()を皮切りに『今朝の秋』()など笠主演のドラマを4本執筆。 「他の人も笠さんを獲得したがっている時に、僕が掴まえてしまうんだから(…)いいものにしなきゃという思いは非常に強かった」 と回想する。 小説においては『終わりに見た街』『異人たちとの夏』など、しばしばオリジナルドラマでは見せないSF的な趣向も試みる。 前者は自身の脚色で、後者はの脚色で映像化されている。 自らが脚本を担当したの『』では、山田自身が作詞し、が作曲、が歌唱した『』を製作。 『ふぞろいの林檎たち』シリーズでは、デビューのを使用した。 例えば、「作り手の顔がちゃんと見える作品」が、良い作品だと考えているという。 映画育ちであるにもかかわらず、名をなしてのち映画の仕事にはほとんど関わっていない。 周辺人物 [ ] 『』シリーズや『』『』『』などで組んだプロデューサーを、「名プロデューサー」と称している。 演出家では、『冬構え』『』『』『今朝の秋』などを撮ったを「有能な演出家」と記している。 『』『』『浅草・花岡写真館』などを演出したを、同じく「有能」と評価している。 また、『』シリーズや『』『』などを撮ったを、テレビ界で「五本の指に入る才能」と買っており、『ふぞろいの林檎たちIV』ではメインの演出家として井下を指名した。 テレビドラマ『』『想い出づくり。 』など複数の作品でディレクターのと組んだが、鴨下がメインの演出を務めた『ふぞろいの林檎たちIII』に関しては「一回目の仕上りを放送前にビデオで観た私は、ほとんど絶望感のようなものを抱いた(…)多くの人が放送を見ないで、私の脚本だけを読んで下さることを願った」と珍しく激昂した発言をしている。 テレビドラマ『』ではディレクター・と組んだが、久世やたちが現場で、山田の脚本にないアドリブをするので、「抗議をして『アドリブいっさい止めてくれ』と」要求した。 すると「(久世は)すぐ了解してくれて、それでもいい演出をなさったんで敬服しました」という。 その後は、久世とコンビを組んで作品制作にあたることはなかったが、久世演出の『』を高く評価している。 久世も、山田の小説作品『冬の蜃気楼』を好意的に評しており 、両者の関係は良好だったようである。 に久世が逝去した際には、追悼のコメントを出した。 自身が師事した木下惠介・・らのを敬愛している。 脚本家では・・に「ほぼ同世代の同業者として、いろいろな意味で刺激を受けました」と語る。 倉本、向田とは「 シナリオライター御三家」とも呼ばれた。 の演出家・の誘いで 、の『ラヴ』を皮切りに、劇作にも手を染める。 の地人会の活動停止まで、13本の舞台を木村演出で発表した。 家族 [ ] 娘は編成制作局ドラマ制作センター副部長・、息子は、の。 作品 [ ] テレビドラマ [ ]• 明日はいっぱいの果実(1960年、松竹。 との共同執筆)• 背くらべ(1962年、松竹)• 歌え若人達(1963年、松竹)• あこがれ 1966年。 (1971年、松竹)• (1973年、松竹、原作のみ)• (1983年、・ホリ企画)• (1986年、松竹)• (1988年、松竹、原作のみ)• (1990年、)• (1990年、松竹、原作のみ) 舞台 [ ] タイトル 主な出演者 ラブ(1983年、) 八千草薫、南風洋子、、山田吾一、真行寺君枝、 早春スケッチブック(1984年、地人会) 八千草薫、、、 教員室(1985年、地人会) 、、、坂口芳貞、、、、、、、、、、、加藤純一 ジャンプ(1986年、地人会) 風間杜夫、、、、、 砂の上のダンス(1989年、地人会) 名古屋章、河内桃子、、、鈴木慎平、山本亘 川の向こうで人が呼ぶ(1991年、地人会) 細川俊之、、山口果林、、、福松進也 サンフランシスコ案内(1992年、地人会) 日本の面影(1993年、地人会) 風間杜夫、、、、、、山本亘 夜中に起きているのは(1995年、地人会) 八千草薫、北村和夫、風間杜夫、近石真介、河内桃子、、 あかるい郊外の店(1998年、地人会) 、風間杜夫、野村昭子、松熊信義、、西山水木 黄金色の夕暮(1998年、) 中野誠也、、、、 私のなかの見えない炎(2000年、地人会) 佐藤慶、細川俊之、、有森也実 離れて遠く二万キロ(2000年、俳優座) 、、、、、 浅草・花岡写真館(2002年、地人会) 、竹下景子、、、鈴木慎平 人が恋しい西の窓(2002年、) 坂口芳貞、、、、 しまいこんでいた歌(2003年、俳優座) 、、中野誠也、田中壮太郎、 二人の長い影(2003年、) 南風洋子、水原英子、、、、 夜からの声(2004年、地人会) 風間杜夫、、、西山水木、、長谷川博己 流星に捧げる(2006年、地人会) 風間杜夫、根岸季衣、山本學、中村たつ、 林の中のナポリ(2007年、劇団民芸) 南風洋子、、、、 沈黙亭のあかり(2010年、俳優座) 中野誠也、中村たつ、遠藤剛、、、、、松島正芳、 著書 [ ] シナリオ・戯曲集 [ ]• 男たちの旅路(日本放送出版協会、1977年)• テレビドラマ・シナリオ・シリーズ、幸福駅周辺・上野駅周辺(ドラマ館、1978年)• あめりか物語(日本放送出版協会、1979年)• 獅子の時代 全5巻(教育史料出版会、1980年)• 想い出づくり(大和書房、1982年)• 季節が変わる日(大和書房、1982年)• それぞれの秋(大和書房、1982年)• 夕暮れて(大和書房、1983年)• 緑の夢を見ませんか? (大和書房、1983年)• 輝きたいの(大和書房、1984年)• 真夜中の匂い(大和書房、1984年)• 山田太一作品集 全19巻(大和書房、1985 - 1989年)• ラヴ(中央公論社、1986年)• 大人になるまでガマンする(大和書房、1986年)• シャツの店(大和書房、1986年)• 砂の上のダンス(新潮社、1990年)• 捨てた夢プレイバック 「ふぞろいの林檎たち」より(飛鳥新社、1991年)• ふぞろいの林檎たちIII(マガジンハウス、1991年)• 今朝の秋 (新潮文庫 1994年)• 東芝日曜劇場名作集 東京の秋(ラインブックス、1994年• ふぞろいの林檎たIV(マガジンハウス、1997年)• 二人の長い影・林の中のナポリ(新日本出版社、2008年)• ナイフの行方(角川書店、2015年) 小説 [ ]• 藍より青く(中央公論社、1972 - 1973年、のち読売新聞社)• 沿線地図(作品社、1979年、のち角川文庫)• (新潮社、1987年、のち新潮文庫)• 遠くの声を捜して(新潮社、1989年、のち新潮文庫)• 丘の上の向日葵(朝日新聞社、1989年、のち新潮文庫)• 君を見上げて(新潮社、1990年、のち新潮文庫)• 見えない暗闇(朝日新聞社、1995年、のち朝日文庫)• 恋の姿勢で(新潮社、1995年、のち新潮文庫)• 見なれた町に風が吹く(中央公論社、1997年、のち中公文庫)• 彌太郎さんの話(新潮社、2002年、のち新潮文庫)• 空也上人がいた(朝日新聞出版、2011年、のち朝日文庫) エッセイ [ ]• 昼下りの悪魔(冬樹社、1978年)• 街で話した言葉(ちくま文庫、1986年)• 映像を見る目(光村図書、昭和6年、小学校国語「国語五上」、書き下ろし)• ふぞろいの林檎たちへ(岩波ブックレット、1987年)• 十二の世界を聞く(潮出版社、1987年)• これからの生き方、死に方(講談社、1994年)• 誰かへの手紙のように(マガジンハウス、2002年)• 夕暮れの時間に(河出書房新社、2015年)• 山田太一エッセイ・コレクション(河出文庫、2015年 - )、以下刊• S先生の言葉• その時あの時の今• 昭和を生きて来た 編著・対談 [ ]• 生きるかなしみ(ちくま文庫、1991年)編著• 現代日本文化論10 夢と遊び(岩波書店、1997年)、共編• 幸福になれない理由(PHP研究所、1998年)、• 何が終わり、何が始まっているのか(PHPソフトウェア・グループ、1998年)、• 浅草 土地の記憶(岩波現代文庫、2000年)編著• 山田太一、、「家族」を語る。 (PHP研究所、2000年)、小此木啓吾• 家族はどこへいくのか(岩波書店、2000年) 、河合隼雄、 シナリオ・戯曲集ほか [ ]• 光と影を映す だからドラマはおもしろい(PHP研究所、2016年)• からの手紙(岩波書店、2015年)、編・回想 主な作詞 [ ]• のち1990年にが・で発売) ムック [ ]• 文藝別冊 総特集山田太一 テレビから聴こえたアフォリズム(河出書房新社、2013年) 受賞歴 [ ] 個人賞 [ ] 1974年• 第24回 放送部門(『』) 1980年• 第32回(斬新な感覚と視点をもって優れた作品を数多く執筆し、ドラマ番組の充実に寄与)• 第25回 特別賞 1983年• 第33回 (『』、『』)• 第2回(『』) 1984年• 第17回 優秀個人 1985年• 第33回(家庭や職場等のごく平凡な日常を、抜群のドラマに仕上げて、人間愛を訴えつづけている) 1988年• 第1回(『』)• 第8回(『異人たちとの夏』) 1989年• 第8回 1991年• 第45回 脚本賞(『』)• 最優秀脚本賞(『少年時代』) 1992年• 第34回 1996年• 第11回 脚本賞(『』) 1997年• 第13回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 脚本賞(『IV』) 2008年• 第11回賞(『』)• 第16回 特別賞 2013年• 第50回 55周年記念賞 2014年• 第13回(『』) 2015年• 作品賞 [ ]• 記念樹(1966年)第9回児童福祉文化賞。 優秀映画鑑賞会推薦。 PTA全国協議会推薦• 女と刀(1967年)第1回期間選奨。 優秀映画鑑賞会推薦。 日本視聴者会議推薦• (1969年)第2回テレビ大賞優秀番組賞• 俄=浪華遊侠伝(1970年)第14回期間選奨• 木下恵介・人間の歌シリーズ (1973年)第6回テレビ大賞本賞。 第11回(1973年度)ほか• 河を渡ったあの夏の日々(1973年)第28回優秀賞。 第27回期間選奨• (1974年)第29回大賞。 第30回期間選奨• ドラマでつづる昭和シリーズ 6 (1975年)第32回期間選奨(シリーズとして)• (1977年)第10回テレビ大賞。 第15回(1977年度)。 30周年記念賞• 山田太一シリーズ 第3部「シルバー・シート」(1977年)第32回ドラマ部門大賞• 金曜ドラマ (1979年)月間賞• ドラマ あめりか物語(1979年)第12回テレビ大賞優秀番組賞。 第34回優秀賞(第三話)。 月間賞• (1980年)第13回テレビ大賞優秀番組賞• 金曜ドラマ (1981年)第14回テレビ大賞優秀番組賞• 土曜ドラマ 山田太一シリーズ (1981年)プラハ国際テレビ祭テレビドラマ部門カメラワーク賞• ドラマスペシャル スペシャル 「戦場は遙かになりて」(1982年)第9回賞番組賞• ゴールデンワイド劇場 (1982年)第15回テレビ大賞優秀番組賞• ながらえば(1982年)第37回優秀賞。 第10回賞本賞。 第23回モンテカルロ国際テレビ祭最優秀演出賞。 第15回テレビ大賞優秀番組賞。 ドラマ人間模様 (1983年)テレビ大賞優秀番組賞。 月間賞• 金曜ドラマ (1983年)第16回テレビ大賞優秀番組賞。 月間賞• ドラマスペシャル (1984年)第17回テレビ大賞優秀番組賞。 第21回大賞(1984年度)• ドラマ (1984年)月間賞• ドラマスペシャル 冬構え(1985年)第22回プラハ国際テレビ祭最優秀演出賞• (1986年)奨励賞(月間賞)• 大人になるまでガマンする(1986年)奨励賞(月間賞)• ドラマ人間模様 (1987年)奨励賞(月間賞)• ドラマスペシャル 今朝の秋(1987年)プラハ国際テレビ祭大賞。 第14回賞本賞。 (深町幸男)。 奨励賞(月間賞)• 原宿「表通りへぬける地図」(1988年)第36回賞最優秀賞• 山田太一スペシャル ハワイアン・ウエディングソング マウイの想い出(1992年)奨励賞(月間賞)• 土曜ドラマ (1992年)奨励賞(月間賞)• 悲しくてやりきれない(1992年)第29回選奨(1992年度)• 金曜ドラマシアター 秋の駅(1993年)第19回賞優秀賞。 奨励賞(月間賞)• 土曜ドラマ (1993年)NHK放送総局長賞。 奨励賞(月間賞)• ドラマ なんだか人が恋しくて(1994年)奨励賞(月間賞)• 開局35周年特別企画 山田太一ドラマスペシャル 刑事の恋(1994年)第42回賞優秀賞。 奨励賞(月間賞)• 土曜ドラマ (1994年)NHK会長賞• 山田太一ドラマスペシャル せつない春(1995年)第43回賞ドラマ部門最優秀賞。 奨励賞(月間賞)• 特集ドラマ 鳥帰る(1996年)奨励賞(月間賞)• 金曜ドラマ IV(1997年)奨励賞(月間賞)• 山田太一ドラマスペシャル (1998年)第46回賞最優秀賞。 奨励賞(月間賞)• 大丈夫です、友よ 参加作品 (1998年)第53回優秀賞• 金曜エンタテイメント ドラマスペシャル 旅立つ人と(1999年)奨励賞(月間賞)• テレビ東京開局記念番組 山田太一ドラマスペシャル 小さな駅で降りる(2000年)第48回賞優秀賞• 毎日放送開局50周年記念 日韓新時代ドラマ ちいさな橋を架ける(2001年)。 第49回賞優秀賞• 山田太一スペシャル 再会(2001年)第56回優秀賞。 第50回賞優秀賞• 山田太一スペシャル2002 旅の途中で 平成14年度参加作品(2002年)第51回賞優秀賞• テレビ朝日開局45年記念特別番組 それからの日々(2004年)第30回賞番組賞。 第52回賞優秀賞• 山田太一スペシャル2005 いくつかの夜 平成17年度参加(2005年)奨励賞(月間賞)• 山田太一ドラマスペシャル 終戦60年特別企画 (2005年)奨励賞(月間賞)• 山田太一ドラマスペシャルV (2008年)第56回賞最優秀賞。 第63回優秀賞。 奨励賞(月間賞)• フジテレビ開局50周年記念ドラマ (2009年)東京ドラマアウォード2009作品賞優秀賞。 第46回選奨(2008年度)• 山田太一ドラマスペシャル (2010年)東京ドラマアウォード2010作品賞優秀賞• 土曜ドラマスペシャル キルトの家(2012年)奨励賞(月間賞) 出演 [ ] TV [ ]• (制作・、ととともに共演)• ドキュメント 洋次・ひさし・太一の合作シナリオづくり(、1986年6月27日)• 助監督から脚本家へのシナリオ 山田太一(NHK教育テレビ、1987年1月18日)• 山田太一の世界(、1992年1月26日 - 2月1日、司会:八千草薫)• 山田太一の現代日本・家族の肖像(NHK教育テレビ、1998年7月11日)• 私の家族論 山田太一(NHK、2001年4月30日)• 情報コーナー(NHK教育テレビ、2003年2月2日)• ドラマの巨人 脚本家 山田太一の世界(TBS、2003年6月22日)• 山田太一の世界「いちばん綺麗なとき」(NHK、2008年11月1日)• 山田太一の世界「冬構え」(NHK)• 特集:山田太一「空也上人がいた」(、2011年4月23日)• 山田太一(、2013年2月11日) ラジオ [ ]• ラジオ版学問ノススメ「空也上人がいた」(2011年5月8日、)• 天野祐吉の隠居大学「世の中にひとりで抵抗する楽しみ」(2011年7月25日、) 関連項目 [ ]• - 代表理事を務める。 脚注 [ ]• 2016年1月7日閲覧。 インタビュアー:高堀冬彦. 2016年1月7日閲覧。 2015年12月11日. 2019年8月28日閲覧。 『キネマ旬報』臨時増刊「黒澤明と木下惠介 素晴らしき巨星」(1998年)所収のインタビューより。 221• 2014年1月. 2016年12月17日閲覧。 NEWSポストセブン(2017年8月17日)• 『朝日新聞』朝刊2017年9月16日(文化・文芸面)• 週刊女性PRIME. 2020年1月3日. 2020年7月11日閲覧。 『シャツの店』(大和書房)あとがき• 『山田太一作品集18 今朝の秋・春までの祭』(大和書房)あとがき• 『ふぞろいの林檎たちIV』(マガジンハウス)あとがき• 『ふぞろいの林檎たちIII』(マガジンハウス)あとがき• 『悪い夢』(角川春樹事務所)• 別冊宝島『シナリオ入門』(2004年、宝島社)• みんな子どもだった. 2016年12月17日閲覧。 '74第29回大賞(文部大臣賞)受賞作品• ドキュメンタリードラマ初挑戦。 1976年版のリメイク。 1982年版のセルフリメイク。 ORICON STYLE. 2016年6月24日. 2016年6月24日閲覧。 木下惠介との共同執筆。 、、との共同執筆。 外部リンク [ ]• - (英語)• 第9回:• 第13回:• 第15回:• 第27回:• 第33回:•

次の

R

山田一郎夢小説

来歴 [ ] 生い立ち [ ] 父親は 、母親は出身。 両親はで大衆食堂を経営していた。 小学校3年のとき、でに家族で転居する。 を経て、に国文学科を卒業。 早稲田大学の同窓にのがいた。 在学中、寺山とは深い親交を結び、寺山がで休学・入院すると山田は頻繁に見舞って話し合った。 寺山の母から見舞いを控えるよう叱責された後は手紙をやり取りした。 後に寺山脚本の映画『夕陽に赤い俺の顔』『わが恋の旅路』()で山田はを務めている。 寺山の死去から32年が経過した2015年に、両者が学生時代に交わした書簡や寺山の日記を収めた『寺山修司からの手紙』が、山田の編著によりより刊行されている。 教師になって休みの間に小説を書きたいと思っていたが、就職難で教師の口がなかった。 大学の就職課でが助監督を募集していると聞かされ、松竹を受験する。 松竹入社から脚本家へ [ ] 松竹に入社後、監督に師事。 助監督時代には、木下自ら再編集を行ったワイド(リバイバル)版『』の予告編制作も手がけた。 木下には現在も敬愛の念を抱いているという。 前半から、木下恵介の映画をに脚色する仕事を始めた。 に退社して、フリーの脚本家になる。 木下に「連続(ドラマ)を書いてみろ」と言われて、に枠の『』を執筆。 「プロになろう。 絶対当てよう」という意気込みで臨み、高視聴率を上げる。 翌の『パンとあこがれ』に携わって、初めて「テレビは面白い! 」と思ったという。 木下に「書きたいように書いていいよ」と言われて発表した『それぞれの秋』() で、平凡な家庭が崩壊の危機に直面するさまをシリアスに描き、受賞。 1973年には、ヒッピー風の若者(萩原健一)と頑固な老人(西村晃)の確執と交流を描いた『河を渡ったあの夏の日々』 NHK を発表した。 『山田太一シリーズ』以降 [ ] 、が脚本家の名前を冠した脚本家シリーズを開始し、その先発に選ばれる。 「脚本家の名前が最初に出るということは後々みんなに影響すると思ってね(…)緊張してやった仕事」と回想している。 なかでも の第3部のエピソード「シルバー・シート」は第32回ドラマ部門大賞を受賞した。 に連載した小説を自身の脚色でテレビ化した『』()が、高い評価を受ける。 「戦後の日本の社会が一つの家族にどんな影響を与えてきただろうかということをプラスとマイナス両方込めて書いてみよう」 という意欲を持って執筆。 中流家庭の崩壊をリアルに描き、それまでの和やかなホームドラマとは対照的な「 辛口ホームドラマ」と呼ばれ、放送史に残る名作とされた。 に『』を発表。 大河ドラマとしては初めてのオリジナル作品となった。 作品は好評を博したものの、「二度と大河はやらない(…)僕には向いてない」という思いを抱き 、以後の大河ドラマには参加していない。 『』()は24歳の女性たちを主軸にした群像ドラマで、「今考えると嘘みたいだけれども、主人公が複数いるドラマがほとんどなかったんです(…)それで、どの人が主人公かわからないような作品を書いてみようという野心があった」という。 裏番組が脚本『』で、二大ライターの対決としても話題になった。 本人は「そういう形で競争させられるのは、情けない思い」と述懐している。 『』()は、「小市民を非常に否定する存在を出して、その否定に(小市民は)どれくらい立ち向かうことが出来るか」 を描くという挑戦的な意図で臨んだ。 視聴率は低迷したが、視聴者からの手紙や電話などで大きな反響を呼んだ。 同じ1983年にスタートした 『』は、大学生の青春群像をリアルに描いて、まで継続する人気シリーズとなる。 を主人公にした『』()で、第2回受賞。 『日本の面影』はに自身の脚色で舞台化されて再演を重ね、にはとでも上演されている。 に、小説『』でを受賞。 1990年代以降 [ ] からには「連続ものをやめようという気持になってきた。 連続の企画を実現させていくプロセスが、自分とちょっと合わないなという気がして」 という思いがあったようだが、 の『』で12年ぶりに民放の連続ドラマに復帰した。 1月にを患い、執筆が難しくなっていることを『』(2017年9月1日号)のインタビューで明らかにした。 「事実上の断筆宣言」と報じられたことに対して、中の山田は『』の取材に対して、「あと1本くらい書く余裕はあるかも分からない」と、断筆宣言を否定している 2019年春頃からマスコミ関係者から連絡が取れなくなり、『』2020年1月7・14日号に「山田太一が音信不通に…老人ホームで孤独な生活」と報じられる。 記事では川崎市内の老人ホームに入居して20平米ほどの部屋で暮らしているというテレビ局関係者の情報が紹介され、「『脚本家の僕を知っている人たちとは、もう会いたくない』と近親者に話しているそうだ」という伝聞のコメントも載ったが、該当の老人ホームにいるという裏付けは得られなかったとしている。 同じ記事では山田の次女による「今は(老人ホームとは)別の場所にいます。 私の家とか、姉の家とかを行ったり来たりです」「今は仕事をしたいという感じじゃないんです。 他のことをやったりという感じです」というコメントが紹介されている。 2019年10月26日放送のNHK「」に出演し(収録はそれよりも前)、「書きたいテーマ」について「本当に自分本位に考えれば、死を待っているわけですから、死ぬということがどういうことかということを、ワッと書けたら素晴らしいと思いますけどね」とコメントした。 作風 [ ] 若い世代から老人まで、さまざまな世代の人物を登場させることが多い。 その点は「前世代があって、良くも悪くも次世代があるわけで、まったく切り離されて、ある世代が存在してるわけでもないから」と話している。 『』()などでを脇役に起用していたが、「笠智衆さんを主役に仕事をしたいという思いがあって」、『ながらえば』()を皮切りに『今朝の秋』()など笠主演のドラマを4本執筆。 「他の人も笠さんを獲得したがっている時に、僕が掴まえてしまうんだから(…)いいものにしなきゃという思いは非常に強かった」 と回想する。 小説においては『終わりに見た街』『異人たちとの夏』など、しばしばオリジナルドラマでは見せないSF的な趣向も試みる。 前者は自身の脚色で、後者はの脚色で映像化されている。 自らが脚本を担当したの『』では、山田自身が作詞し、が作曲、が歌唱した『』を製作。 『ふぞろいの林檎たち』シリーズでは、デビューのを使用した。 例えば、「作り手の顔がちゃんと見える作品」が、良い作品だと考えているという。 映画育ちであるにもかかわらず、名をなしてのち映画の仕事にはほとんど関わっていない。 周辺人物 [ ] 『』シリーズや『』『』『』などで組んだプロデューサーを、「名プロデューサー」と称している。 演出家では、『冬構え』『』『』『今朝の秋』などを撮ったを「有能な演出家」と記している。 『』『』『浅草・花岡写真館』などを演出したを、同じく「有能」と評価している。 また、『』シリーズや『』『』などを撮ったを、テレビ界で「五本の指に入る才能」と買っており、『ふぞろいの林檎たちIV』ではメインの演出家として井下を指名した。 テレビドラマ『』『想い出づくり。 』など複数の作品でディレクターのと組んだが、鴨下がメインの演出を務めた『ふぞろいの林檎たちIII』に関しては「一回目の仕上りを放送前にビデオで観た私は、ほとんど絶望感のようなものを抱いた(…)多くの人が放送を見ないで、私の脚本だけを読んで下さることを願った」と珍しく激昂した発言をしている。 テレビドラマ『』ではディレクター・と組んだが、久世やたちが現場で、山田の脚本にないアドリブをするので、「抗議をして『アドリブいっさい止めてくれ』と」要求した。 すると「(久世は)すぐ了解してくれて、それでもいい演出をなさったんで敬服しました」という。 その後は、久世とコンビを組んで作品制作にあたることはなかったが、久世演出の『』を高く評価している。 久世も、山田の小説作品『冬の蜃気楼』を好意的に評しており 、両者の関係は良好だったようである。 に久世が逝去した際には、追悼のコメントを出した。 自身が師事した木下惠介・・らのを敬愛している。 脚本家では・・に「ほぼ同世代の同業者として、いろいろな意味で刺激を受けました」と語る。 倉本、向田とは「 シナリオライター御三家」とも呼ばれた。 の演出家・の誘いで 、の『ラヴ』を皮切りに、劇作にも手を染める。 の地人会の活動停止まで、13本の舞台を木村演出で発表した。 家族 [ ] 娘は編成制作局ドラマ制作センター副部長・、息子は、の。 作品 [ ] テレビドラマ [ ]• 明日はいっぱいの果実(1960年、松竹。 との共同執筆)• 背くらべ(1962年、松竹)• 歌え若人達(1963年、松竹)• あこがれ 1966年。 (1971年、松竹)• (1973年、松竹、原作のみ)• (1983年、・ホリ企画)• (1986年、松竹)• (1988年、松竹、原作のみ)• (1990年、)• (1990年、松竹、原作のみ) 舞台 [ ] タイトル 主な出演者 ラブ(1983年、) 八千草薫、南風洋子、、山田吾一、真行寺君枝、 早春スケッチブック(1984年、地人会) 八千草薫、、、 教員室(1985年、地人会) 、、、坂口芳貞、、、、、、、、、、、加藤純一 ジャンプ(1986年、地人会) 風間杜夫、、、、、 砂の上のダンス(1989年、地人会) 名古屋章、河内桃子、、、鈴木慎平、山本亘 川の向こうで人が呼ぶ(1991年、地人会) 細川俊之、、山口果林、、、福松進也 サンフランシスコ案内(1992年、地人会) 日本の面影(1993年、地人会) 風間杜夫、、、、、、山本亘 夜中に起きているのは(1995年、地人会) 八千草薫、北村和夫、風間杜夫、近石真介、河内桃子、、 あかるい郊外の店(1998年、地人会) 、風間杜夫、野村昭子、松熊信義、、西山水木 黄金色の夕暮(1998年、) 中野誠也、、、、 私のなかの見えない炎(2000年、地人会) 佐藤慶、細川俊之、、有森也実 離れて遠く二万キロ(2000年、俳優座) 、、、、、 浅草・花岡写真館(2002年、地人会) 、竹下景子、、、鈴木慎平 人が恋しい西の窓(2002年、) 坂口芳貞、、、、 しまいこんでいた歌(2003年、俳優座) 、、中野誠也、田中壮太郎、 二人の長い影(2003年、) 南風洋子、水原英子、、、、 夜からの声(2004年、地人会) 風間杜夫、、、西山水木、、長谷川博己 流星に捧げる(2006年、地人会) 風間杜夫、根岸季衣、山本學、中村たつ、 林の中のナポリ(2007年、劇団民芸) 南風洋子、、、、 沈黙亭のあかり(2010年、俳優座) 中野誠也、中村たつ、遠藤剛、、、、、松島正芳、 著書 [ ] シナリオ・戯曲集 [ ]• 男たちの旅路(日本放送出版協会、1977年)• テレビドラマ・シナリオ・シリーズ、幸福駅周辺・上野駅周辺(ドラマ館、1978年)• あめりか物語(日本放送出版協会、1979年)• 獅子の時代 全5巻(教育史料出版会、1980年)• 想い出づくり(大和書房、1982年)• 季節が変わる日(大和書房、1982年)• それぞれの秋(大和書房、1982年)• 夕暮れて(大和書房、1983年)• 緑の夢を見ませんか? (大和書房、1983年)• 輝きたいの(大和書房、1984年)• 真夜中の匂い(大和書房、1984年)• 山田太一作品集 全19巻(大和書房、1985 - 1989年)• ラヴ(中央公論社、1986年)• 大人になるまでガマンする(大和書房、1986年)• シャツの店(大和書房、1986年)• 砂の上のダンス(新潮社、1990年)• 捨てた夢プレイバック 「ふぞろいの林檎たち」より(飛鳥新社、1991年)• ふぞろいの林檎たちIII(マガジンハウス、1991年)• 今朝の秋 (新潮文庫 1994年)• 東芝日曜劇場名作集 東京の秋(ラインブックス、1994年• ふぞろいの林檎たIV(マガジンハウス、1997年)• 二人の長い影・林の中のナポリ(新日本出版社、2008年)• ナイフの行方(角川書店、2015年) 小説 [ ]• 藍より青く(中央公論社、1972 - 1973年、のち読売新聞社)• 沿線地図(作品社、1979年、のち角川文庫)• (新潮社、1987年、のち新潮文庫)• 遠くの声を捜して(新潮社、1989年、のち新潮文庫)• 丘の上の向日葵(朝日新聞社、1989年、のち新潮文庫)• 君を見上げて(新潮社、1990年、のち新潮文庫)• 見えない暗闇(朝日新聞社、1995年、のち朝日文庫)• 恋の姿勢で(新潮社、1995年、のち新潮文庫)• 見なれた町に風が吹く(中央公論社、1997年、のち中公文庫)• 彌太郎さんの話(新潮社、2002年、のち新潮文庫)• 空也上人がいた(朝日新聞出版、2011年、のち朝日文庫) エッセイ [ ]• 昼下りの悪魔(冬樹社、1978年)• 街で話した言葉(ちくま文庫、1986年)• 映像を見る目(光村図書、昭和6年、小学校国語「国語五上」、書き下ろし)• ふぞろいの林檎たちへ(岩波ブックレット、1987年)• 十二の世界を聞く(潮出版社、1987年)• これからの生き方、死に方(講談社、1994年)• 誰かへの手紙のように(マガジンハウス、2002年)• 夕暮れの時間に(河出書房新社、2015年)• 山田太一エッセイ・コレクション(河出文庫、2015年 - )、以下刊• S先生の言葉• その時あの時の今• 昭和を生きて来た 編著・対談 [ ]• 生きるかなしみ(ちくま文庫、1991年)編著• 現代日本文化論10 夢と遊び(岩波書店、1997年)、共編• 幸福になれない理由(PHP研究所、1998年)、• 何が終わり、何が始まっているのか(PHPソフトウェア・グループ、1998年)、• 浅草 土地の記憶(岩波現代文庫、2000年)編著• 山田太一、、「家族」を語る。 (PHP研究所、2000年)、小此木啓吾• 家族はどこへいくのか(岩波書店、2000年) 、河合隼雄、 シナリオ・戯曲集ほか [ ]• 光と影を映す だからドラマはおもしろい(PHP研究所、2016年)• からの手紙(岩波書店、2015年)、編・回想 主な作詞 [ ]• のち1990年にが・で発売) ムック [ ]• 文藝別冊 総特集山田太一 テレビから聴こえたアフォリズム(河出書房新社、2013年) 受賞歴 [ ] 個人賞 [ ] 1974年• 第24回 放送部門(『』) 1980年• 第32回(斬新な感覚と視点をもって優れた作品を数多く執筆し、ドラマ番組の充実に寄与)• 第25回 特別賞 1983年• 第33回 (『』、『』)• 第2回(『』) 1984年• 第17回 優秀個人 1985年• 第33回(家庭や職場等のごく平凡な日常を、抜群のドラマに仕上げて、人間愛を訴えつづけている) 1988年• 第1回(『』)• 第8回(『異人たちとの夏』) 1989年• 第8回 1991年• 第45回 脚本賞(『』)• 最優秀脚本賞(『少年時代』) 1992年• 第34回 1996年• 第11回 脚本賞(『』) 1997年• 第13回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 脚本賞(『IV』) 2008年• 第11回賞(『』)• 第16回 特別賞 2013年• 第50回 55周年記念賞 2014年• 第13回(『』) 2015年• 作品賞 [ ]• 記念樹(1966年)第9回児童福祉文化賞。 優秀映画鑑賞会推薦。 PTA全国協議会推薦• 女と刀(1967年)第1回期間選奨。 優秀映画鑑賞会推薦。 日本視聴者会議推薦• (1969年)第2回テレビ大賞優秀番組賞• 俄=浪華遊侠伝(1970年)第14回期間選奨• 木下恵介・人間の歌シリーズ (1973年)第6回テレビ大賞本賞。 第11回(1973年度)ほか• 河を渡ったあの夏の日々(1973年)第28回優秀賞。 第27回期間選奨• (1974年)第29回大賞。 第30回期間選奨• ドラマでつづる昭和シリーズ 6 (1975年)第32回期間選奨(シリーズとして)• (1977年)第10回テレビ大賞。 第15回(1977年度)。 30周年記念賞• 山田太一シリーズ 第3部「シルバー・シート」(1977年)第32回ドラマ部門大賞• 金曜ドラマ (1979年)月間賞• ドラマ あめりか物語(1979年)第12回テレビ大賞優秀番組賞。 第34回優秀賞(第三話)。 月間賞• (1980年)第13回テレビ大賞優秀番組賞• 金曜ドラマ (1981年)第14回テレビ大賞優秀番組賞• 土曜ドラマ 山田太一シリーズ (1981年)プラハ国際テレビ祭テレビドラマ部門カメラワーク賞• ドラマスペシャル スペシャル 「戦場は遙かになりて」(1982年)第9回賞番組賞• ゴールデンワイド劇場 (1982年)第15回テレビ大賞優秀番組賞• ながらえば(1982年)第37回優秀賞。 第10回賞本賞。 第23回モンテカルロ国際テレビ祭最優秀演出賞。 第15回テレビ大賞優秀番組賞。 ドラマ人間模様 (1983年)テレビ大賞優秀番組賞。 月間賞• 金曜ドラマ (1983年)第16回テレビ大賞優秀番組賞。 月間賞• ドラマスペシャル (1984年)第17回テレビ大賞優秀番組賞。 第21回大賞(1984年度)• ドラマ (1984年)月間賞• ドラマスペシャル 冬構え(1985年)第22回プラハ国際テレビ祭最優秀演出賞• (1986年)奨励賞(月間賞)• 大人になるまでガマンする(1986年)奨励賞(月間賞)• ドラマ人間模様 (1987年)奨励賞(月間賞)• ドラマスペシャル 今朝の秋(1987年)プラハ国際テレビ祭大賞。 第14回賞本賞。 (深町幸男)。 奨励賞(月間賞)• 原宿「表通りへぬける地図」(1988年)第36回賞最優秀賞• 山田太一スペシャル ハワイアン・ウエディングソング マウイの想い出(1992年)奨励賞(月間賞)• 土曜ドラマ (1992年)奨励賞(月間賞)• 悲しくてやりきれない(1992年)第29回選奨(1992年度)• 金曜ドラマシアター 秋の駅(1993年)第19回賞優秀賞。 奨励賞(月間賞)• 土曜ドラマ (1993年)NHK放送総局長賞。 奨励賞(月間賞)• ドラマ なんだか人が恋しくて(1994年)奨励賞(月間賞)• 開局35周年特別企画 山田太一ドラマスペシャル 刑事の恋(1994年)第42回賞優秀賞。 奨励賞(月間賞)• 土曜ドラマ (1994年)NHK会長賞• 山田太一ドラマスペシャル せつない春(1995年)第43回賞ドラマ部門最優秀賞。 奨励賞(月間賞)• 特集ドラマ 鳥帰る(1996年)奨励賞(月間賞)• 金曜ドラマ IV(1997年)奨励賞(月間賞)• 山田太一ドラマスペシャル (1998年)第46回賞最優秀賞。 奨励賞(月間賞)• 大丈夫です、友よ 参加作品 (1998年)第53回優秀賞• 金曜エンタテイメント ドラマスペシャル 旅立つ人と(1999年)奨励賞(月間賞)• テレビ東京開局記念番組 山田太一ドラマスペシャル 小さな駅で降りる(2000年)第48回賞優秀賞• 毎日放送開局50周年記念 日韓新時代ドラマ ちいさな橋を架ける(2001年)。 第49回賞優秀賞• 山田太一スペシャル 再会(2001年)第56回優秀賞。 第50回賞優秀賞• 山田太一スペシャル2002 旅の途中で 平成14年度参加作品(2002年)第51回賞優秀賞• テレビ朝日開局45年記念特別番組 それからの日々(2004年)第30回賞番組賞。 第52回賞優秀賞• 山田太一スペシャル2005 いくつかの夜 平成17年度参加(2005年)奨励賞(月間賞)• 山田太一ドラマスペシャル 終戦60年特別企画 (2005年)奨励賞(月間賞)• 山田太一ドラマスペシャルV (2008年)第56回賞最優秀賞。 第63回優秀賞。 奨励賞(月間賞)• フジテレビ開局50周年記念ドラマ (2009年)東京ドラマアウォード2009作品賞優秀賞。 第46回選奨(2008年度)• 山田太一ドラマスペシャル (2010年)東京ドラマアウォード2010作品賞優秀賞• 土曜ドラマスペシャル キルトの家(2012年)奨励賞(月間賞) 出演 [ ] TV [ ]• (制作・、ととともに共演)• ドキュメント 洋次・ひさし・太一の合作シナリオづくり(、1986年6月27日)• 助監督から脚本家へのシナリオ 山田太一(NHK教育テレビ、1987年1月18日)• 山田太一の世界(、1992年1月26日 - 2月1日、司会:八千草薫)• 山田太一の現代日本・家族の肖像(NHK教育テレビ、1998年7月11日)• 私の家族論 山田太一(NHK、2001年4月30日)• 情報コーナー(NHK教育テレビ、2003年2月2日)• ドラマの巨人 脚本家 山田太一の世界(TBS、2003年6月22日)• 山田太一の世界「いちばん綺麗なとき」(NHK、2008年11月1日)• 山田太一の世界「冬構え」(NHK)• 特集:山田太一「空也上人がいた」(、2011年4月23日)• 山田太一(、2013年2月11日) ラジオ [ ]• ラジオ版学問ノススメ「空也上人がいた」(2011年5月8日、)• 天野祐吉の隠居大学「世の中にひとりで抵抗する楽しみ」(2011年7月25日、) 関連項目 [ ]• - 代表理事を務める。 脚注 [ ]• 2016年1月7日閲覧。 インタビュアー:高堀冬彦. 2016年1月7日閲覧。 2015年12月11日. 2019年8月28日閲覧。 『キネマ旬報』臨時増刊「黒澤明と木下惠介 素晴らしき巨星」(1998年)所収のインタビューより。 221• 2014年1月. 2016年12月17日閲覧。 NEWSポストセブン(2017年8月17日)• 『朝日新聞』朝刊2017年9月16日(文化・文芸面)• 週刊女性PRIME. 2020年1月3日. 2020年7月11日閲覧。 『シャツの店』(大和書房)あとがき• 『山田太一作品集18 今朝の秋・春までの祭』(大和書房)あとがき• 『ふぞろいの林檎たちIV』(マガジンハウス)あとがき• 『ふぞろいの林檎たちIII』(マガジンハウス)あとがき• 『悪い夢』(角川春樹事務所)• 別冊宝島『シナリオ入門』(2004年、宝島社)• みんな子どもだった. 2016年12月17日閲覧。 '74第29回大賞(文部大臣賞)受賞作品• ドキュメンタリードラマ初挑戦。 1976年版のリメイク。 1982年版のセルフリメイク。 ORICON STYLE. 2016年6月24日. 2016年6月24日閲覧。 木下惠介との共同執筆。 、、との共同執筆。 外部リンク [ ]• - (英語)• 第9回:• 第13回:• 第15回:• 第27回:• 第33回:•

次の