デスノート 田中 実。 DEATH NOTEの登場人物

田中実 (俳優)

デスノート 田中 実

〜もくじ〜• リューク再び 別の死神にデスノートを貰ったリュークは再び人間界へ降り立ち、月(ライト)のようにできる奴に長くリンゴを食べさせてもらえて面白い人間を探すことに。 そして、2019年5月リュークは 田中実(たなか みのる)という少年の前に現れる。 実はリュークと実は2年前から会う約束をしていた。 2年前・・・ 中学校の職員室で 「田中実が3年連続1位で日本一頭の良い中学生」という話しを聞いて、実際に会いに行った。 公園にいた実の頭にデスノートを落とし、自分の姿を見せ、デスノートの所有権を実に渡すが持っていたテストの点数は28点で呆気にとられるリューク。 実はIQ診断や脳トレにのスマホやテレビ番組にハマって暇つぶしでやっており、 月のように勉学で日本一ではなく、知能テストで日本一となっただけだった。 つまり、なぞなぞやクイズが得意であって勉強は全然できないのだが、「そういう奴」の方が向いてるかもとリュークはデスノートについて説明した。 月がキラとしてデスノートを使っていたことを話すが、現時点でキラは小学校の道徳や中学校の歴史の教科書では近年最悪の猟奇大量殺人者テロの犯人として認知されていた。 中には、神と崇める者もいるが。 実も興味を持ち、自宅でリュークにリンゴを食べさせながらキラが行ったことを詳しく聞いた。 説明を受けた実はいかにキラである月が頭が良かったを思い知る。 しかし、キラ事件から10年の歳月が過ぎており、町中は監視カメラだらけでサイバー犯罪への対応レベルも桁違いで、10年前と同じことをしてもすぐに捕まってしまう。 しかし、実が出した結論は「キラなら今の時代にあったやり方を考え出したに違いない」だった。 リュークの「実はできるか?」の質問に数時間考え込む。 自分がノートを返せば記憶と所有権は無くなるが、結局また別の誰かに渡るだけ。 だが、実に決めてくれた言われて14kmと決めたリューク。 そして、実はノートを一旦返して、2年後にまた来てくれたらノートを使うし、リンゴも毎日与えることを約束した。 オークション そして現在、2年経ってリュークは実に会いに来たというわけだ。 2年前に考えた実の計画は 『デスノートをネットを使わず、ネットオークションにかけて売る』というものだった。 実はリュークにさくらTVに行かせ、テレビ局のペンと紙を使って 遠隔で人を殺せる キラの力を競りにかけ 売ります。 買いたい方はTwitterに kiranochikaraで アメリカ$で金額を提示してください。 カンペにこのように書かせてテレビに映させた。 テレビ局の全員も呆気に取られているが、カンペは宙に浮いている(リュークが見えていないため)。 警視庁では以前から対策本部にいた面々にはリュークの姿が見えており、慌ただしく動き出す。 翌日、世間はキラの力の競りの話しで持ちきりだった。 疑う者もいるが、Twitterで競りにかけているので一般人でもオークションの値段を見ることができる。 キラの力は1日で300万$の値がついていた。 L登場 一方、リュークの姿が見えたアメリカの新しいLは、死神の顔認証システムを作ろうとしていた。 だが、死神が見える者だけで日本中の監視カメラを見て探し出すのは到底不可能となる。 デスノートを使って人を殺せば月のように逮捕もできるが、デスノートの売買では逮捕できない。 なぜなら、今現時点でも殺人兵器はデスノートに限らず売買されているからである。 それを聞いたLは死神の顔認証システムを作るのを中止。 オークション成立後に金を得た者から割り出せば簡単だが、それだと負けた気になるし、そもそも割り出せない計画になっているのかもしれない。 最終的には落札者を押さえれば良いとして、Lはしばらく静観することに決めた。 オークション終了 デスノートの値段は100億に達しようとしていたが、期限を決めていなかったので再びリュークはさくらテレビにに侵入して オークション期限は残り1週間 早期終了の場合もあり その時はまたこちらから知らせます。 ノークレームノーリターンで お願いします。 このマッサージが出ると松田がさくらTVのスタジオに乗り込んできて、キラの力を買わないように促すが結果的にキラへの信憑性を上げることになり、松田は庁内での謹慎処分となる。 翌日は松田の登場のせいでデスノートに2000億ドル(20兆円)超えの値がついて、明らかに個人ではなく組織や国が入札していた。 Twitterではなく 国の政治の代表者がメディアを通し いくらで買うか正式に 発表してください 実はリュークに再びこのようなメッセージをさくらTVから発信させた。 各国は「世界平和のために」などと言いながら何百兆円という金でデスノートを購入することを発表。 実はそれが気に入らなかったのか 入札する各国首脳は 全額だけを言い 余計なことは言うな というメッセージをまたリュークに発表させた。 デスノートの値段が1000兆円行った時点で、実は明日でオークションを終わらせること、入金確認後にノートの所有権を捨てるから持ち主に届けることを伝えた。 現金でもらうのは到底無理• ネットバンクも講座も足がつく• 架空口座も足がつく• オークションをやるくらいだから、金が欲しいだけで人を操って殺してまで金を受け取ろうとしていない。 デスノートを持っていることさえ嫌 これらが無理となれば、金の受け取り方ももう確実な計画が出来上がっているとしか思えないL。 一方、リュークの元にはアラモニアジャスティンという死神が訪れていた。 「実から離れられる状況になったらすぐ戻れ」との伝言だけを伝えて、アラモニアジャスティンは消えた。 そして、ついに キラの力はアメリカに 10000000000000アメリカ$で あることにしました お金の受け渡し方法は 24時間後教えます。 このメッセージをさくらTVで流し、デスノートがアメリカに渡ることを全世界が知ることになる。 そして、翌日 落札代金は 日本のヨツバ銀行に普通講座を持ち 東京都内に戸籍のある 2019年5月24日までで60歳以下の人に 等分し、同年5月27日までに振り込んでください このメッセージが流れるや否や、等分するとしても 1人約10億円手にすることになり、人々は歓喜してヨツバ銀行に人が押し寄せた。 つまりは、Lの初めての負けとなってしまった。 まさかのラスト 自分の口座にも入金されていたことを確認した実は、リュークにデスノートを返して所有権を破棄。 もう2度と自分の前に現れないことをリュークに約束させ、またリュークもデスノートに人の名前を書かずに利用した実の作戦にも満足のようだった。 アメリカのホワイトハウスには、デスノートを大統領に渡すリュークの姿があった。 しかし、ホワイトハウスを訪れる直前に死神大王からデスノートを売買することを怒られて新たなルールが付け加えられることになった。 『人間界でデスノートの売買をしたものは死ぬ。 売った人間は金を受け取った時、買った人間はノートを受け取った時とする』 そして、リュークは大統領に選択を迫る。 デスノートを受け取らなければ買った事にはしないでやるが、金は帰ってこない。 受け取って大統領が死んでも、ノートはこの場に残されてアメリカの物になる。 これを聞いて大統領は デスノートを受け取らないこと選択するが、キラの力を手に入れたことは世間に発表し、使っていないということにする。 これが最も世間から見てイメージの良い選択だった。 実と別れた後にできた新ルールで、実自身ルールを知らないことが気になっていたリューク。 しかし、2度と実の前に現れないと約束していたため新ルールを伝えなかった。 そして、1ヶ月後 本格的にキラから配当されたお金が使えるようになると日本は景気に沸き、令和バブルが起こった。 皆と同じように金を下ろしに来た実は、リュークに名前を書かれて銀行内で死亡。 実の名前を書いたリュークは再び、デスノートを使ってくれる人間を探そうとするのであった。 デスノートを無料で読む方法 デスノート新作読み切りのネタバレでしたが、本編だって読みたくなりますよね。 また、漫画も面白いですが、アニメや映画も見放題なので、ぜひこの機会にチェックしてみてください。 U-NEXTでは、今なら600円分無料で読めるし、1ヶ月のトライアル(無料)期間もあります。 31日以内なら解約も簡単でお金もかからず、安心して利用できます。 まとめ ネームの時点でも、かなり面白かった今回の特別読切のデスノート。 誰の名前も書かず殺さずにデスノートで大金を手にした実は大したものですが、新ルールを知らなかったせいで死んでしまうとは。 やっぱり、デスノートを使った人間は不幸になるってのは本当ですね。 実際に読んでみたい方はこちらのURLからどうぞ。

次の

『デスノート』の新作ネームを読んで、どうしても分からなかった事

デスノート 田中 実

『デスノート』特別読切 ネタバレ 2019年5月。 田中実 タナカ ミノル という少年のところに死神・リュークが現れた。 リュークが実の頭にデスノートを当てると、ミノルは忘れていた記憶を取り戻す。 話は2年前にさかのぼる。 学校での成績は良くないが、IQだけはやたらと高い中学生・ミノル。 その話を聞いたリュークは、デスノートをミノルに渡す。 そして、キラもこのノートを使っていたことを話すと、それを聞いたミノルはとても驚いた。 リュークは、デスノートの使い方、キラがどんなことをしたのかをミノルに話す。 それを聞いたミノルは、キラの頭の良さに感心するが、今の時代にキラと同じことをしても捕まるだろうと言った。 その理由は、キラが活動していた10年前に比べ、街中にある監視カメラ、ドライブレコーダー、サイバー犯罪への対応などが劇的に発達しているからだ。 それでもキラなら、今の時代にあったやり方を考えることができるだろうと、ミノルは言った。 リュークは、お前にはできるのか? とミノルに訊く。 ミノルは、デスノートなんか使いたくないと思いながらも、デスノートを返したところで、リュークが他の人間のところへ行くだけだとも考えた。 ミノルはしばらく考え込んだ後、リュークに2つの質問をする。 1つ目の質問は、リュークを見ることができる人間は自分以外にもいるのか? というもの。 リュークは、過去にデスノートを触ったことがある人間は見えるはずだと答える。 2つ目の質問。 「死神はデスノートの所有権を持っている人間に憑いてないといけない」 この状態で、どれくらいの距離まで離れることができるのか? リュークの答えは人間界の距離にして14Kmだった。 質問の答えを聞いたミノルは、ノートの所有権を破棄するから2年後にもう一度来てほしいと言う。 リュークは、それを受け入れ去っていく。 話は現在に戻る。 高校生になったミノルは、2年前に考えた計画を実行すると、リュークに言う。 その計画とは、デスノートを売ることだった。 そして、その方法は、ミノルの自宅から11Km離れてところにあるさくらテレビを使ってのオークション。 さくらテレビでのニュース番組の放映中、リュークはミノルに言われたとおり、カメラの前に 「キラの力を競売にかける」と書かれた紙を出す。 ミノルの学校では、昨日のニュースが話題になっていた。 デスノートの値段はすでに3億を超えている。 このニュースは、当然Lの耳にも入った。 Lは、デスノートを売ろうとしている人間が見つかったとして、それを罪に問うことができるのか? と言う。 何故なら、兵器の売買は世界中で行われているから。 そうは言うものの、L自身は個人的にこの人物 ミノル に興味がわいていた。 Lは、相沢に連絡を取り、さくらテレビ内の昨日の監視カメラ映像を手に入れてほしいと言った。 しかし、監視カメラに写っていたリュークは、地面の中にもぐって移動しているようで、その後の足取りは分からなかった。 次にリュークがテレビ局以外の監視カメラに映るとすれば、それはデスノートを購入した相手に渡す時。 だがその時には、所有者はノートを手離し記憶を無くしてしまっている。 そうLは話す。 Lは、デスノート自体は落札者をおさえればいいと考え、しばらく静観することにした。 スポンサーリンク デスノートの値段はもう少しで100億に届くほどになっていた。 ミノルは、オークションの期限を残り1週間と決め、リューク経由でさくらテレビ内に公開された。 そのテレビの収録中、松田がやって来てキラの力を買ってはいけないと、カメラに向かって言う。 松田が現れたことによって、この事件への信憑性はさらに増す結果となった。 次の日。 松田の登場もあって、デスノートの値段は20兆円を超えた。 そして、その値段はさらに上がり続ける。 SNSのでは、すでに野次馬の投稿が多すぎて鬱陶しくなってきた。 ミノルは、 「オークションは国の政治代表者がメディアを使って正式に発表するように」と、 リューク経由で伝える。 そこからは国の代表田たちがケタ違いの金額を言い合った。 数日後。 デスノートの値段はついに1000兆円を超えた。 明日はとうとうオークションの最終日。 ミノルは、入金を確認後デスノートの所有権を放棄するから、落札者に届けてほしいとリュークに言った。 その夜、リュークのところに1体の死神がやってくる。 その死神は、大王がリュークのことを呼んでいるから、所有者から離れられるようになったらすぐに戻れと言い、去っていった。 次の日。 デスノートは、アメリカにより 1000兆円で落札された。 その翌日。 落札代金の支払い方法が提示される。 その方法とは、• 日本のヨツバ銀行に口座を持っている者• 東京都内に戸籍を持っている者• 2019年5月24日までで60歳以下の者 以上の条件を満たす物に、等分して振り込めというものだった。 今回の事件を見ていたL。 この条件にある者だけでも何十万人、それを記憶をなくすまでに探し出すのは不可能に近い。 Lは、Lとなってから初めて敗北した。 落札代金はきちんと支払われることになった。 ミノルはデスノートの所有権を放棄し、リュークに渡す。 リュークにはそれを持ってアメリカ大統領のところへ行った。 ここでリュークは、死神大王に言われたことを大統領に話す。 その話とは、デスノートに新しいルールが追加されたというものだ。 新しいルールは 「人間界でデスノートの売買をしたものは死ぬ」というもの。 売った人間は、その金を受け取った時点で、買った人間はデスノートを受け取った時点で死んでしまう。 それを聞いた大統領がデスノートを受け取ることを拒否すると、リュークはその場を去っていく。 新しく追加荒れたルール、ミノルはそのことを知らない。 リュークは、ミノルに教えに行こうと思ったが、ミノルにもう2度と自分の前に姿を現さないでくれと言われたことを思い出し、どこかへ飛んでいく。 1か月後。 ヨツバ銀行でミノルが死んだ。 デスノートにミノルの名前を書いたリュークは、また新たな所持者を探すつもりのようだった。 スポンサーリンク 『デスノート』の特別読切が載っているジャンプSQを今すぐ無料で読む 『デスノート』特別読切 のネタバレはどうでしたか? ここまで読んでいただいた方の中には• 「文章だけでは分かりにくい」• 「登場人物の動きや表情も気になる」 と、思った方もいるのではないでしょうか? 「このネタバレの内容をできれば漫画で読みたい! 」 そんな方におすすめしたいのが U-NEXTという動画配信サービスです。 あなたにU-NEXTをおすすめする理由とは? この漫画を読みたいと思った方にU-NEXTをおすすめする理由は次の4つです。 31日間無料でサービスを利用できる! 登録時に 600円分のポイントがもらえる! 動画や雑誌の見放題サービスもあり! 無料期間内の解約でも違約金などは一切なし! 無料トライアルに登録するだけで600円分のポイントがもらえるので、すぐに 「ジャンプSQ2020年3月号」or好きな単行本を1冊だけ無料で読むことができます。 無料で楽しむには注意することもあります。 600ポイント以上の作品を購入・視聴しない• 無料期間内に解約の手続きをする これさえ気をつければ、どんなに楽しんでも料金を請求されることはありませんので、U-NEXTを利用したことがない方はぜひこの機会にお試ししてみてください。 連載当時もよくこんなことを思いつくな~と思っていましたが、今回の内容も今までのデスノートの使い方とは違って面白かったです。 今回の主人公・ミノルも成績は良くないと言っていましたが、やっぱり天才でしたね。 リュークと出会って数時間で、 Lも敗北を認めるような計画を思いつくなんて。 ただ、今回残念だったのは、デスノートに新しいルールが追加されたこと。 取引が終わった後に言うのも何だか反則のような気がしますが… 結局はデスノートに関わるとろくなことがないということですね。 そして、また新たな所有者を探そうとするリューク。 またいつか新しいお話を読むことができるのを楽しみにしています! まとめ ということで、 この記事では、2020年2月4日に発売の『ジャンプスクエア』2020年3月号で掲載された デスノートの特別読切のネタバレと感想を紹介しました。 今回のお話を簡単にまとめると、• 田中実 タナカ ミノル という少年のところに死神・リュークが現れた。 ミノルは、デスノートを競売にかける。 デスノートは、アメリカにより1000兆円で落札された。 デスノートに、新しいルール「人間界でデスノートの売買をしたものは死ぬ」が追加される。 アメリカ大統領はデスノートを受け取ることを拒否。 金を受け取ったミノルは死亡。 リュークは、また新たな所持者を探すつもりの様子。 という内容でした。 今回のネタバレ記事も、漫画で読む方がその場の風景や登場人物の細やかな感情も分かり、より楽しむことができます。 この記事の内容を漫画で読んでみたい! と思った方には、わざわざ書店に行く必要もなく、購入したら今すぐに読める電子書籍がおすすめです! こちらの記事では、好きな漫画の最新話や単行本をお得に読むことができるサービスを紹介しているので、よろしければご覧ください!

次の

アンガ田中、本物そっくりの死神コスプレ 『デスノート』次回作出演直訴も拒否される

デスノート 田中 実

(ジャンプスクエア3月号 大場つぐみ・小畑健/集英社) 今回の 主役は「田中実(たなかみのる)」。 なんだか拉致被害者にいそうな名前ですが、IQは140を超える天才児。 ただし、夜神月と違って学校のテストはからっきし。 それでも高IQに目をつけた目ざといリュークが、当時中学生の田中実に話を持ちかけた場面から話が始まる。 しかし、田中実は「この死神、俺にキラと同じことをさせる気か?」と人を殺せるノートの存在を前に二の足を踏む。 また10年以上前と違って街中は監視カメラだらけの日本。 ネットを使おうにも「あらゆる履歴」や痕跡が残ってしまう。 そこで田中実は「とんでもない妙案」を思いつく。 そして、リュークに対して2年後再び来てくれと提案。 一度デスノートの所有権を捨て、高校生になった田中実の元に再びリュークが訪れた場面から本格的にストーリーが進む。 果たして田中実が考えた妙案とは?一体デスノートをどう扱いこなしたのか?再び犯罪者にとって暗黒の時代が到来するのか? デスノートを売っちゃうよ~ん! ということで今回の『デスノート』の読み切り版をレビューしていこうと思います。 結論から書くと、田中実は「デスノートを売買すること」を決意。 やはり人を殺すという業を背負うことは荷が重い。 また最近の若者に代表されるように、社会悪に対して憤りを感じることも少ない。 まったり人生を楽しめればいい…というスタンス。 (ジャンプスクエア3月号 大場つぐみ・小畑健/集英社) そこで動いたのがニアこと3代目L。 すっかり大人に成長した新Lは「オークションにかけているキラ」ということから、田中実を「aキラ」と命名。 ちなみに、オークションの英語の綴りは「auction」だから。 直接的なネット売買ではないため足取りを辿れない。 そこでLは監視カメラを使って死神リュークの後を追う戦略を取る。 しかしながら、リュークは足跡を残さないように地中を移動してため早々に頓挫。 売買する行為もそれ自体犯罪ではない。 まさに為す術もないLだった。 アメリカ大統領が1000兆円でデスノートを購入 一方、どんどん金額が跳ね上がるオークションでは、デスノートの金額も「国家単位」の規模に膨れ上がっていく。 そこで田中実は「国の政治の代表者が正式に発表してください」と告知。 ついには各国首脳たちも動き出す。 そして、「平和目的」という名の下、アメリカ政府と中国政府の一騎打ちに突入。 最終的にデスノートを競り落としたのがアメリカ大統領。 金額にして1000兆円(2兆ドル)。 田中実もそれに応諾。 しかし、問題は1000兆円もの大金の「受け渡し方法」。 架空口座を使っても必ず足はつく上、そもそも日本政府の借金額とほぼ同額のお金を田中実一人でどう使うのか。 為す術もなかったLも最終手段として「金銭のやり取り・受け渡し」のタイミングを狙っていた。 ただし、田中実の作戦は完璧だった。 (ジャンプスクエア3月号 大場つぐみ・小畑健/集英社) 田中実が開設してる ヨツバ銀行に普通口座を持つ契約者、かつ東京都内に戸籍のある60歳以下の契約者に「1000兆円を等分で分配」するようにアメリカ政府に要求。 結果、一人あたり10億円もの金額が配られることが判明し、田中実もその享受を受けた。 契約者の数は100万人にも及び、そこから田中実に到達することは至難の業。 Lも田中実の策に対して、「Lになってから初めて負けました」と完敗を暗に認める。 リュークも「デスノートを書かずに使うとは面白かったぜ」とほくそ笑む。 田中実に待っていた結末とは? まさに田中実は部屋から一歩も動かずして、デスノートを利用して10億円もの大金を入手することに成功。 これぞ計略家。 これぞ順風満帆。 今回の『デスノート』の読み切り版で死者は誰も出ないかと思いきや、田中実に悲惨な結末が待っていた。 何故なら、今回の田中実の件で死神大王が激おこ。 (ジャンプスクエア3月号 大場つぐみ・小畑健/集英社) 一方、田中実の運命は、まさかの死亡。 田中実はデスノートの所有権放棄の際に、リュークに「どんなことがあってももう二度と目の前に現れないでくれ」と言ってた。 リュークは律儀に守って、デスノートの後付ルールを教えなかった。 お金をアメリカ政府から振り込まれた時点で「田中実は既にお金を受け取ってること」になるはずですが、そこらへんはアメリカ大統領の先程の救済措置との兼ね合いもありそう。 どちらも「現物に触れた瞬間」と定義されてるのでしょう。 そして、「どんな使い方であれデスノートを使った人間は不幸になるってことか」とリュークの不敵な笑みで今回の読み切りは終わる。 【2020】デスノート読み切り版ネタバレ感想まとめ 以上、2020年掲載の『デスノート』読み切り版のネタバレ感想でした。 今回の感想をまとめると、個人的に 今回の読み切り版『デスノート』は意外と面白い結末でした。 いずれ今回の読み切りは『プラチナエンド』に収録されそう。 やはりデスノートは実質的に使用されることはなく、あくまでストーリーの焦点は「お金の受け渡し方法」に当たってた。 時事問題が特に絡めてるわけでもなく、内容に刺激的な部分は少ない。 田中実というキャラクターも平々凡々で癖がない性格だった。 だからこそ、田中実の唐突とも思える死は「理不尽さ」を感じさせて意外感があったオチでした。 とはいえ、デスノートを凶悪な兵器の一つと考えたら、まさに因果応報の結末ではあったか。 核兵器も世界的に規制される中、新たな大量殺戮兵器を国家に与えた罪は重く、それを軽々に売買してる時点で十分万死に値する行為だったとは言えそうです。 ちなみに、アメリカ合衆国の借金は累計2000兆円とされます。 日本の借金額の約2倍と考えたらそこまで多くないようにも思えますが、アメリカの軍事費はそれでも年間70兆円。 デスノートを「安全保障」の側面からいくら考察しても、さすがに1000兆円は高すぎる印象は否めない。 ましてや、その1000兆円がまるまる「他国のお金」になることを踏まえると、いくらアメリカでもポンと振り込める状況にリアリティさはあまりないでしょう。 どうせならアメリカ本国を舞台にしてた方が良かったかも知れない。 例えば、デスノートを「金銭」の面でアプローチするなら、カジノIR汚職が日本で話題になってますが、ギャンブル関連と絡めて話を作った方がリアリティがあった気がします。 あとルール追加で自動的に死亡していたはず。 リュークが最後に田中実の名前を書いた意味が分からなかった。

次の