シャニマス ss まとめ。 【シャニマスSS】甘奈「甘奈たちのステキな進路」 : SS★STATION SSのまとめ SSの専門サイト

【シャニマス】凛世 vs 透

シャニマス ss まとめ

智代子「プロデューサーさん助けてください!」 P「突然どした智代子」 智代子「凛世ちゃんに少女漫画みたいな展開が起きたらどうすればいいか聞かれました!」 P「そうか、頑張れ」 智代子「酷い! ちょっとは担当アイドルのこと助けてくれてもいいじゃないですか!」 P「断れば?」 智代子「それが凛世ちゃん、完全にわたしが恋愛のこと何でも知ってるって思ってるらしくて……凛世ちゃんの期待も裏切れないし、見栄張っちゃったし」 P「俺がどうこうできることじゃないだろ。 それか俺相手に実践すればいいんじゃないか? なんちゃって」 凛世「プロデューサーさま、よろしいのですか?」 P「おわっ、凛世いつの間に」 凛世「先程、参りました。 して、凛世のために、智代子さんとお手本をしていただけるのですか?」 智代子「そ、そう! プロデューサーさんと私で、お手本やるよ!」 P「え、俺はやるなんて一言も」 智代子(この前事故とは言え、私の胸触ったこと言いますよ?) P「喜んで引き受けさせていただきます」 凛世「ありがとうございます……」 凛世「…………あの、台詞を……」 P・智代子「「台詞!?」」 凛世「はい…。 この本ですと、『お前は俺のモンだろ?』などと言っております」 P「いやいや、そんなキザな台詞言えないって、恥ずかしすぎる」 智代子「確かにプロデューサーさんはそんなこと言いそうにないですよね」 凛世「こちらはフィクションですので、プロデューサーさまが考えていただいた台詞で何卒……」 P「もっと恥ずかしいわ!」 凛世「……ダメ、でしょうか……」 P「ダメってわけではないけど。 そんな悲しそうにするなって、やるから……」 智代子「プロデューサーさんも凛世ちゃんに弱いじゃないですか」 P「智代子の気持ちがちょっと分かったかも、断れんなこれは」 凛世「いえ、貴方さまと智代子さんに落ち度はありません。 ただ……」 智代子「……あ、なるほどっ。 プロデューサーさん、折角お手本見せたので、凛世ちゃんにもしてあげてください!」 P「え、ちょい待て話が違うだろ」 智代子「いいじゃないですか! 大体、壁ドンなんてそんなにあることじゃないし、凛世ちゃんも経験しておくべきかと!」 P「そういう問題か? まあ、俺のプロデューサー人生が色んな意味で懸かってるからやるけど」 凛世(智代子さん、ありがとうございます) 智代子(凛世ちゃんもしてもらいたんだよね? これくらいお安いご用だよっ) P「凛世、台詞何がいいかとかあるか?」 凛世「特には……。 強いて言うなら、プロデューサーさまの想いを込めたもので……」 P「それはそれで中々難易度が高いな」 P「それじゃあ……。 凛世、いつまでも俺の側にいろよ」ドン 凛世「はい。 凛世は、いつまでもプロデューサーさまのお側でお慕いします……」 P「ちょっと待ってこっちがドキドキする」 智代子「何でですか!?」 P「凛世にはこういうこと何回か言われてるけど、雰囲気って大事なんだな」 凛世「あの、智代子さん。 殿方が照れてしまったこのような場合は、どうすればいいのでしょうか……?」 智代子「へっ!? ええっとええっと、ちょっとすぐには教えられないからまた今度ね!」 凛世「分かりました……」 P「すまんな凛世、あまりこういうの慣れてなくて。 というか多分慣れてる男はいないぞ」 凛世「謝らないでください……。 実は、先程から胸の高鳴りが、止まないのです。 ご確認してみますか?」 P「あー、いや、遠慮しとく。 流石に犯罪」 智代子「へー、犯罪ですかー」 P「やめて、智代子の眼差しが痛い」 凛世「それでは、次はこちらを」 P「お姫様抱っこか。 いざという時のために鍛えておいた筋肉が意外な形で発揮されるか…」 凛世「いざという時、ですか?」 P「アイドルが暴漢に襲われた時とか?」 凛世「流石は、プロデューサーさまですね……」 智代子「い、いやー。 これは、凛世ちゃんだけしてもらえればいいんじゃないかー?」 P「…………なんでだ?」 智代子「理由? そ、そうですねー、なんというか、まあ、その」 P「はい、智代子カモン」 智代子「ひぇっ。 うぅ、白状します……最近ちょっと体重増えました」 P「正直でよろしい。 ま、レッスンで筋肉ついて体重増えただけかもしれないから強くは言わないよ」 智代子「そ、そうですよね! あはは……」 P「…………」 智代子「重かったら……あ、やっぱ言わないでください」 P「女の子相手にそんなこと言わないよ。 よっと……お、意外と軽い」 智代子「意外とって、それはそれで傷つきますよ」 P「ああごめん。 で、どうだお姫様抱っこは」 智代子「プロデューサーさんって、こんな高さの視線で生活してるんですね! 私身長低いからちょっと新鮮です!」 P「事務所の中で智代子が一番背低いもんな」 智代子「あとは、体重預けるのも、男の人の顔が近いのもちょっとドキドキしますね……」 P「ところで智代子」 智代子「はい、何ですか?」 P「最近冷蔵庫に置いてあったチョコとかプリンが消えてるんだが、何か知らないか?」 智代子「………………」 凛世「プリンなら、先日智代子さんが食べているのを見ましたが……。 チョコも、果穂さんとよくお食べになっていますね」 P「ほう? 智代子? 体重増えたって言ってたよな?」 智代子「お姫様抱っこされてるから逃げられない!」 P「夏葉に特別メニュー頼むから覚悟しとけ」 智代子「さっきまでの感情が嘘みたいに消えました……」 P「よし、次は凛世だな。 ほら、おいで」 凛世「それでは、失礼します……」 P「よっこらせっと。 あ、着物崩れたりしないか?」 凛世「はい、大丈夫でございます……」ジー P「……あの、そんな見つめられるとこっちが照れるんだが」 凛世「申し訳ありません。 ですが、貴方さまの顔を、これ程近くで見たことがございませんので……」 P「普段そんな機会ないからな」 P(にしても、凛世は本当に表情が変わらないな) 凛世「プロデューサーさま……。 よく見ると、隈がございますね」 P「そうか? 最近仕事が忙しいからなー」 智代子「疲れた時には甘いものですよ! ということでチョコでもどうぞ!」 P「それは嬉しいんだけど、今両手が塞がってるから後でいただくよ」 智代子「それなら、凛世ちゃんがプロデューサーさんに食べさせてあげれば?」 凛世「なるほど……。 それでは智代子さん、お一ついただきますね」 智代子「どうぞどうぞ!」 凛世「プロデューサーさま、お口をお開け……あーん、していただいてよろしいでしょうか?」 P「そのあーんも少女漫画か? ……うん、甘くて美味しいよ」 智代子「いやー、これはかなり甘い展開ですね! チョコだけに!」 凛世「すみません、この後舞踊の練習がございますので、こちらを最後に、よろしいでしょうか……」 智代子「こ、これは……顎クイ!」 P「これはさっきまでのより恥ずかしいな……」 凛世「何度読み返しても、理解できないところがございますので……。 凛世の、勉強不足です」 智代子「しょうがないよ、私だって分からないことあるし」 凛世「?? 智代子さんにも、分からないのですか?」 智代子「あっ! いや、えっとこれは新しいやつだから! 私も今、勉強中!」 P「うまく逃げたなー」 智代子「な、何のことですかね? 時間もありませんし、ちゃっちゃとやりましょう!」 P「はいはい。 えっと、こうでいいのか」クイッ 智代子「っっ!!」 智代子(顎どころか唇にギリギリ触れるか触れないかの指! そして身長差がある男性に視線を半ば無理に合わせられるオラオラ感……!) P「えっと、どうだ智代子?」 智代子「これ、ほんっとうに凄いです! 今までの中で一番興奮しました!」 P「喜んで貰えるのは嬉しいけど言葉を選ぼうな?」 P「じゃあ次凛世」 凛世「はい…。 よろしくおねがいします…」ジー P「あの、凛世? これって目を合わせるのが目的だと思うんだけど」 凛世「ですが、やはり人と会話する時はお相手の目を見て話すのが礼儀かと」 P「そこが理解できないところか。 凛世はいい子だなぁ。 でもそれじゃあ顎クイする意味が……」 凛世「あの、それでは他のことをしてもらってもいいですか……」 P「ん、いいぞ」 凛世「ぜひ、頭を撫でていただきたいのですが……」 P「そんなのでいいのか? 撫でるのも少女漫画にありそうだもんな」ナデナデ 凛世「んっ……」 智代子「どう凛世ちゃん? 頭撫でられるの、どんな感じ?」 凛世「そうですね……。 くすぐったいのですが、どこか気持ちがいいですね……」 智代子「本当!? プロデューサーさん。 私にもやってください! さあ、さあ!」 P「いいけど、何だこの状況……」 智代子「えへへ、本当に気持ちいいね!」 凛世「はい……。 お慕いしてる方に触れられるのは、やはりいいものです……」 P「凛世も、その言い方は色々語弊があるからやめとこうな?」 凛世「それではプロデューサーさま、凛世は練習場に向かわせていただきます」 P「分かった。 俺はこの後仕事が入ってるから行けないけど、頑張って」 凛世「貴方さまから、元気をいただいたので……本日は、よりよい練習ができそうです」 P「智代子も確かレッスン入ってるよな。 しっかり蓄えた分消費するんだぞ」 智代子「はい……。 今日は夏葉ちゃん樹里ちゃんに迷惑かけないようにしなきゃ」 P「ちょい待ち。 凛世にその、あんまりアレな少女漫画貸すなよ?」 智代子「アレ? って、どんな漫画ですか?」 P「ほら、するようなやつ」 智代子「???」 P「直接言いたくはないんだけど…エッチするやつとか」 智代子「そそそそんなの、貸すわけないじゃないすか! 貸す前にちゃんと選んでますので!」 P「あ、持ってるんだ」 智代子「……………忘れてください」 P(よし、楽しく話せたな) おわり.

次の

【シャニマス】【越境】薄い本とかSSで765PとデレPが仲良しな話はたいてい面白いな シャニPも混ざる日が来るのだろうか

シャニマス ss まとめ

男子生徒A「なーなー、いいじゃん大崎」 甜花「ひうっ... 」 男子生徒B「減るもんじゃないし、いいじゃんよー」 甜花「あの... ごめんなさい... こわいです... 」 ???「ちょっとそこの男子!!!甜花ちゃんに何してんの!!!」 男子生徒AB「おわっ!?やべぇ妹来た。 退散退散」 甘奈「ったく、ちょっと目離すと甜花ちゃんにちょっかい出すんだから... 大丈夫甜花ちゃん?イタズラされてない?」 甜花「うん... 移動教室で... 教科書持って行ってあげるって言われただけだから... 大丈夫」 甘奈「はぁ... ダメだよ甜花ちゃん気をつけなきゃ。 男子なんてそんな小っちゃなことから段々エスカレートして行くんだから」 甜花「うん... 気をつける... 甜花ちゃんは甘奈が守ったげるから」 甜花「迷惑かけて... ごめんね」 甘奈「全然めーわくなんかじゃないよ。 あっ、移動教室だよね。 はい甜花ちゃん、あーん」 甜花「なーちゃん... ここ学校... 恥ずかしいよ... 」 甘奈「あっそっか、ごめんごめんいつもの癖で」 甜花「一人で食べられるから... 」 甘奈「うん!一人で食べる甜花ちゃん偉い」 甜花「... 別に偉くはないと思う... はむっ... 」 もきゅもきゅ 甘奈「... 」 ニコニコ 甜花「... 」 もきゅもきゅごっくん 甜花「... なーちゃん、じーっと甜花見てどしたの?」 甘奈「えっ、いやーもぐもぐ甜花ちゃん可愛いなーって」 甜花「ありがとう... でも、あんまり見られると... 食べにくいかな... 」 甘奈「はーい、箸持つの疲れたら言ってね。 食べさせてあげるから」 甜花「... お姉ちゃんの介護士とか書いてたら止めなきゃいけないって思ってた」 甘奈「... 甜花ちゃんの介護士だよ!お金払ってもする価値あるよ!」 女子生徒A「このシスコンめ。 本気で思ってそうで怖いわ。 まぁ、甜花の可愛さは認めるけどさ。 小動物系?」 甘奈「それな!特に朝寝惚けてる甜花ちゃんなんて見ちゃった日には、世界中の富豪が札束持って駆けつけるよ」 甘奈「まぁ、いくらお金積まれても甜花ちゃんは渡さないけどね」 女子生徒AB「へーへー」 女子生徒B「でもさ、いつまでも姉にべったりってわけもいかないっしょ?大学行ったり、就職したりでいつかは離れなきゃな時が来るよ」 女子生徒A「うんうん。 『時間は残酷でいつか二人を引き裂いてしまうのだー!』って、これはこの前のドラマのセリフね」 甘奈「... そうかもね」 女子生徒B「まぁ甘奈はどうとでもなるとして、姉の方は独り立ちしてる姿は想像できないかなー」 女子生徒A「うんうん。 せんじんのたに?だっけ?ライオンの気持ちでさ、早いうちにドーンってしといた方がいいんじゃない?」 甘奈「うーん... そっかな... 」 女子生徒B「まぁ、アタシらがあんま口出すのもアレだけど、とにかく進路希望の紙明日までに出してね。 収集係のアタシが先生に怒られちゃう」 甘奈「りょーかい。 明日には出すね」 女子生徒B「頼んだよ。 じゃね」 女子生徒A「じゃねー」 甘奈... いつか離れなきゃなんて分かってるよ。 だから今ずっと一緒にいたいんじゃん... 甘奈「甜花ちゃんさ、進路希望書いた?」 甜花「... その、わかんなくって... 」 甘奈「だよねだよねー。 将来なんてわかんないのに。 あーめんどー」 甜花「でもね... なりたいなーってのは... あるかも... 」 甘奈「えっ?甜花ちゃん、将来の夢とか決まったの?」 甜花「そんなすごくないよ... ただ、甜花、いっつもなーちゃんに迷惑... かけてるから... かけないようになりたい... 」 甘奈「じゃあ夢は達成できてるね。 甘奈全然メーワクなんかじゃないもん」 甜花「えっと... そうじゃなくて... ひとりできちんとできるように... なりたい... なーちゃんみたいに... 」 甘奈「甘奈みたいに?」 甜花「うん... なーちゃんいっつもテキパキで... カッコよくて... すごいから... 」 甘奈「もー褒めすぎだよー」 ギュー 甜花「ひうっ!?なーちゃん... 恥ずかしいよ... 」 甘奈「だって嬉しいんだもーん。 恥ずかしがる甜花ちゃんかわいー」 甘奈「甜花ちゃんはこんなに可愛いんだし、甘奈みたいにならなくてもいいと思うなー」 甜花「そうだよね... 甜花ダメダメだから... なーちゃんみたいになれないよね... 」 甘奈「甜花ちゃんはダメダメなんかじゃないよ。 いくら甜花ちゃんでも甜花ちゃんの悪口言われると、甘奈ちょっと悲しいかな」 ナデナデ 甜花「ううぅ... ナデナデやめて... 恥ずかしい... 」 甘奈「だーめ、甜花ちゃんの悪口言ったバツだよー」 甘奈 こんな甜花ちゃんを谷にドーンなんてできるわけないじゃん 甘奈 甘奈が先に谷底に落ちて、クッション引いてあげて、さらに落ちた甜花ちゃんを抱きとめてあげなきゃ! 甘奈「ただいまー」 甜花「ただいま」 甜花「なーちゃん... ゲームやろ?」 甘奈「いいよ!今日こそ甘奈が勝つんだからねー」 甜花「ふふっ... 甜花も... 負けない」 甘奈「ぐわー、これで5連敗だー!甜花ちゃん強すぎるよ」 甜花「むにゃむにゃ」 コテン 甘奈「あー、甜花ちゃん眠い?」 甜花「うん... ちょっと、眠いかも... 」 甘奈「じゃあ、甘奈が膝枕してあげるから寝ていいよ」 甜花「そんな... なーちゃんの足痺れ... 」 zZZ 甘奈「言ってる側から寝ちゃった。 こんなこともあろうかと用意しておいた毛布をかけてっと」 甜花「... 」 zZZ 甘奈「あーホント甜花ちゃんの寝顔可愛い。 国宝級だね」 パシャ 甘奈「これはベストショットだ!保存フォルダに移動っと」 甜花「... なーちゃん」 甘奈「あっ、ごめん起こしちゃった?」 甜花「... 甜花、なーちゃんに... メーワク... ないように... ちゃんとする... ごめんね... なーむにゃむにゃ」 zZZ 甘奈「なんだ寝言かー」 ナデナデ.

次の

【シャニマス】【越境】薄い本とかSSで765PとデレPが仲良しな話はたいてい面白いな シャニPも混ざる日が来るのだろうか

シャニマス ss まとめ

智代子「プロデューサーさん助けてください!」 P「突然どした智代子」 智代子「凛世ちゃんに少女漫画みたいな展開が起きたらどうすればいいか聞かれました!」 P「そうか、頑張れ」 智代子「酷い! ちょっとは担当アイドルのこと助けてくれてもいいじゃないですか!」 P「断れば?」 智代子「それが凛世ちゃん、完全にわたしが恋愛のこと何でも知ってるって思ってるらしくて……凛世ちゃんの期待も裏切れないし、見栄張っちゃったし」 P「俺がどうこうできることじゃないだろ。 それか俺相手に実践すればいいんじゃないか? なんちゃって」 凛世「プロデューサーさま、よろしいのですか?」 P「おわっ、凛世いつの間に」 凛世「先程、参りました。 して、凛世のために、智代子さんとお手本をしていただけるのですか?」 智代子「そ、そう! プロデューサーさんと私で、お手本やるよ!」 P「え、俺はやるなんて一言も」 智代子(この前事故とは言え、私の胸触ったこと言いますよ?) P「喜んで引き受けさせていただきます」 凛世「ありがとうございます……」 凛世「…………あの、台詞を……」 P・智代子「「台詞!?」」 凛世「はい…。 この本ですと、『お前は俺のモンだろ?』などと言っております」 P「いやいや、そんなキザな台詞言えないって、恥ずかしすぎる」 智代子「確かにプロデューサーさんはそんなこと言いそうにないですよね」 凛世「こちらはフィクションですので、プロデューサーさまが考えていただいた台詞で何卒……」 P「もっと恥ずかしいわ!」 凛世「……ダメ、でしょうか……」 P「ダメってわけではないけど。 そんな悲しそうにするなって、やるから……」 智代子「プロデューサーさんも凛世ちゃんに弱いじゃないですか」 P「智代子の気持ちがちょっと分かったかも、断れんなこれは」 凛世「いえ、貴方さまと智代子さんに落ち度はありません。 ただ……」 智代子「……あ、なるほどっ。 プロデューサーさん、折角お手本見せたので、凛世ちゃんにもしてあげてください!」 P「え、ちょい待て話が違うだろ」 智代子「いいじゃないですか! 大体、壁ドンなんてそんなにあることじゃないし、凛世ちゃんも経験しておくべきかと!」 P「そういう問題か? まあ、俺のプロデューサー人生が色んな意味で懸かってるからやるけど」 凛世(智代子さん、ありがとうございます) 智代子(凛世ちゃんもしてもらいたんだよね? これくらいお安いご用だよっ) P「凛世、台詞何がいいかとかあるか?」 凛世「特には……。 強いて言うなら、プロデューサーさまの想いを込めたもので……」 P「それはそれで中々難易度が高いな」 P「それじゃあ……。 凛世、いつまでも俺の側にいろよ」ドン 凛世「はい。 凛世は、いつまでもプロデューサーさまのお側でお慕いします……」 P「ちょっと待ってこっちがドキドキする」 智代子「何でですか!?」 P「凛世にはこういうこと何回か言われてるけど、雰囲気って大事なんだな」 凛世「あの、智代子さん。 殿方が照れてしまったこのような場合は、どうすればいいのでしょうか……?」 智代子「へっ!? ええっとええっと、ちょっとすぐには教えられないからまた今度ね!」 凛世「分かりました……」 P「すまんな凛世、あまりこういうの慣れてなくて。 というか多分慣れてる男はいないぞ」 凛世「謝らないでください……。 実は、先程から胸の高鳴りが、止まないのです。 ご確認してみますか?」 P「あー、いや、遠慮しとく。 流石に犯罪」 智代子「へー、犯罪ですかー」 P「やめて、智代子の眼差しが痛い」 凛世「それでは、次はこちらを」 P「お姫様抱っこか。 いざという時のために鍛えておいた筋肉が意外な形で発揮されるか…」 凛世「いざという時、ですか?」 P「アイドルが暴漢に襲われた時とか?」 凛世「流石は、プロデューサーさまですね……」 智代子「い、いやー。 これは、凛世ちゃんだけしてもらえればいいんじゃないかー?」 P「…………なんでだ?」 智代子「理由? そ、そうですねー、なんというか、まあ、その」 P「はい、智代子カモン」 智代子「ひぇっ。 うぅ、白状します……最近ちょっと体重増えました」 P「正直でよろしい。 ま、レッスンで筋肉ついて体重増えただけかもしれないから強くは言わないよ」 智代子「そ、そうですよね! あはは……」 P「…………」 智代子「重かったら……あ、やっぱ言わないでください」 P「女の子相手にそんなこと言わないよ。 よっと……お、意外と軽い」 智代子「意外とって、それはそれで傷つきますよ」 P「ああごめん。 で、どうだお姫様抱っこは」 智代子「プロデューサーさんって、こんな高さの視線で生活してるんですね! 私身長低いからちょっと新鮮です!」 P「事務所の中で智代子が一番背低いもんな」 智代子「あとは、体重預けるのも、男の人の顔が近いのもちょっとドキドキしますね……」 P「ところで智代子」 智代子「はい、何ですか?」 P「最近冷蔵庫に置いてあったチョコとかプリンが消えてるんだが、何か知らないか?」 智代子「………………」 凛世「プリンなら、先日智代子さんが食べているのを見ましたが……。 チョコも、果穂さんとよくお食べになっていますね」 P「ほう? 智代子? 体重増えたって言ってたよな?」 智代子「お姫様抱っこされてるから逃げられない!」 P「夏葉に特別メニュー頼むから覚悟しとけ」 智代子「さっきまでの感情が嘘みたいに消えました……」 P「よし、次は凛世だな。 ほら、おいで」 凛世「それでは、失礼します……」 P「よっこらせっと。 あ、着物崩れたりしないか?」 凛世「はい、大丈夫でございます……」ジー P「……あの、そんな見つめられるとこっちが照れるんだが」 凛世「申し訳ありません。 ですが、貴方さまの顔を、これ程近くで見たことがございませんので……」 P「普段そんな機会ないからな」 P(にしても、凛世は本当に表情が変わらないな) 凛世「プロデューサーさま……。 よく見ると、隈がございますね」 P「そうか? 最近仕事が忙しいからなー」 智代子「疲れた時には甘いものですよ! ということでチョコでもどうぞ!」 P「それは嬉しいんだけど、今両手が塞がってるから後でいただくよ」 智代子「それなら、凛世ちゃんがプロデューサーさんに食べさせてあげれば?」 凛世「なるほど……。 それでは智代子さん、お一ついただきますね」 智代子「どうぞどうぞ!」 凛世「プロデューサーさま、お口をお開け……あーん、していただいてよろしいでしょうか?」 P「そのあーんも少女漫画か? ……うん、甘くて美味しいよ」 智代子「いやー、これはかなり甘い展開ですね! チョコだけに!」 凛世「すみません、この後舞踊の練習がございますので、こちらを最後に、よろしいでしょうか……」 智代子「こ、これは……顎クイ!」 P「これはさっきまでのより恥ずかしいな……」 凛世「何度読み返しても、理解できないところがございますので……。 凛世の、勉強不足です」 智代子「しょうがないよ、私だって分からないことあるし」 凛世「?? 智代子さんにも、分からないのですか?」 智代子「あっ! いや、えっとこれは新しいやつだから! 私も今、勉強中!」 P「うまく逃げたなー」 智代子「な、何のことですかね? 時間もありませんし、ちゃっちゃとやりましょう!」 P「はいはい。 えっと、こうでいいのか」クイッ 智代子「っっ!!」 智代子(顎どころか唇にギリギリ触れるか触れないかの指! そして身長差がある男性に視線を半ば無理に合わせられるオラオラ感……!) P「えっと、どうだ智代子?」 智代子「これ、ほんっとうに凄いです! 今までの中で一番興奮しました!」 P「喜んで貰えるのは嬉しいけど言葉を選ぼうな?」 P「じゃあ次凛世」 凛世「はい…。 よろしくおねがいします…」ジー P「あの、凛世? これって目を合わせるのが目的だと思うんだけど」 凛世「ですが、やはり人と会話する時はお相手の目を見て話すのが礼儀かと」 P「そこが理解できないところか。 凛世はいい子だなぁ。 でもそれじゃあ顎クイする意味が……」 凛世「あの、それでは他のことをしてもらってもいいですか……」 P「ん、いいぞ」 凛世「ぜひ、頭を撫でていただきたいのですが……」 P「そんなのでいいのか? 撫でるのも少女漫画にありそうだもんな」ナデナデ 凛世「んっ……」 智代子「どう凛世ちゃん? 頭撫でられるの、どんな感じ?」 凛世「そうですね……。 くすぐったいのですが、どこか気持ちがいいですね……」 智代子「本当!? プロデューサーさん。 私にもやってください! さあ、さあ!」 P「いいけど、何だこの状況……」 智代子「えへへ、本当に気持ちいいね!」 凛世「はい……。 お慕いしてる方に触れられるのは、やはりいいものです……」 P「凛世も、その言い方は色々語弊があるからやめとこうな?」 凛世「それではプロデューサーさま、凛世は練習場に向かわせていただきます」 P「分かった。 俺はこの後仕事が入ってるから行けないけど、頑張って」 凛世「貴方さまから、元気をいただいたので……本日は、よりよい練習ができそうです」 P「智代子も確かレッスン入ってるよな。 しっかり蓄えた分消費するんだぞ」 智代子「はい……。 今日は夏葉ちゃん樹里ちゃんに迷惑かけないようにしなきゃ」 P「ちょい待ち。 凛世にその、あんまりアレな少女漫画貸すなよ?」 智代子「アレ? って、どんな漫画ですか?」 P「ほら、するようなやつ」 智代子「???」 P「直接言いたくはないんだけど…エッチするやつとか」 智代子「そそそそんなの、貸すわけないじゃないすか! 貸す前にちゃんと選んでますので!」 P「あ、持ってるんだ」 智代子「……………忘れてください」 P(よし、楽しく話せたな) おわり.

次の