お盆 迎え火 いつ。 お盆に行う迎え火、送り火の意味は?いつ行えばいいの?

お盆の行事!迎え火や送り火はいつ焚くの?そのやり方は?

お盆 迎え火 いつ

迎え火とは?盆に祖先の霊が迷わず帰ってこられるための目印 迎え火は、盆のときに玄関先や門の前でたく火のことです。 盆は、祖先の霊が家にもどってきますよね。 そのとき、霊が迷わないように家に帰ってこれるように、目印のために火をたくのが迎え火です。 なお地域・宗派などによって違いがあって、墓や墓から家までの道に火をともすところもあります。 また浄土真宗 じょうどしんしゅう を信仰している家庭では、迎え火をおこなわない場合が多いです。 迎え火の由来や歴史 もともと盆は「盂蘭盆会 うらぼんえ 」という仏教の法要で、おもに寺でおこなわれていました。 日本での盆の起源は古く、飛鳥時代の推古天皇のときである西暦606年におこなわれたのが盆のはじまりとされています。 しかし迎え火については、いつごろから始まったのかなどの由来はよく分かっていません。 一節には、鎌倉時代から始まったともいわれています。 迎え火の風習が定着したのは江戸時代といわれ、最初は上流武士などのあいだの風習だったようです。 迎え火をするのは盆の直前日か初日 盆の入り の夕方〜夜 迎え火は霊を迎えるものですが、いつおこなえばいいのか気になりますよね。 迎え火をおこなうときは、おもに以下のうちいずれかです。 盆の直前日の夕方〜夜• 盆の初日 盆の入り の夕方〜夜 地域や家によって異なりますので、確認してみてください。 なお、自体が地域によって違いがあります。 盆の期間 解説 8月13〜16日 8月盆 旧暦を新暦に換算するが、それだと毎年日付が変わるので、日にちだけは13〜16日に固定したもの。 一番多くの地域でおこなわれる 7月13〜16日 7月盆 旧暦の日付と同じ日付で新暦でもおこなうもの。 季節感にズレが生じる。 関東・東北・北陸の各一部地域でおこなわれる 8月下旬〜9月初頭 旧暦盆 旧暦の7月13〜16日を新暦に換算した期間におこなうもの。 毎年日付が変わる。 沖縄や奄美など西日本の一部地域でおこなわれる。 旧暦の盆期間に近い週末にする地域もある もともと日本では、7月13〜16日が盆の期間でした。 しかし、明治6年 1873年 1月1日に旧暦から新暦 現行暦 に切り替わります。 これがきっかけで、各地で盆の期間が変わったのです。 そのため8月盆の地域では、迎え火を直前日である8月12日の夕方、または盆の入りである8月13日の夕方におこないます。 いっぽう、7月盆の地域では直前日である7月12日の夕方、または盆の入りである7月13日の夕方におこなうのです。 自宅や実家では盆の期間はどうなっているか、直前日と盆の入りのどちらで迎え火をするのか、事前に調べておきましょう。 迎え火のやりかた 迎え火の意味やおこなう日がわかったら、今度は迎え火はどうやってやるのかが気になりますよね。 ここからは、迎え火のやりかたについて紹介していきます。 なお地域や宗派・家などによって、迎え火に使う道具ややり方が異なることがあるので、事前に確認してください。 ここでは代表的なものを紹介します。 迎え火で準備するものは「おがら」と「焙烙」 まず、迎え火に必要なものを準備しましょう。 おがら 苧殻• 焙烙 ほうろく あまり聞き慣れないものですよね。 「おがら」というのは、麻の殻です。 皮をはいだ麻の茎を短く切ったものになります。 おがらの見た目は、折れた割り箸に似ていますよ。 「焙烙 ほうろく 」は、素焼きの平たい皿です。 おがら・焙烙のどちらも、ふだんはあまり見かけませんよね。 盆が近くなると、スーパーマーケットや百貨店、仏具店、ホームセンター、インターネットショップなどで盆用品のひとつとして販売されます。 おがらと焙烙がセットになった「迎え火セット」も販売されることも多いです。 ぜひ、活用してみてくださいね。 もし買い忘れたら、おがらの代わりに割り箸を数本折ったり、焙烙の代わりに耐熱の平たい皿や鉢などで代用することもできます。 迎え火は玄関前や門の前でおこなう 迎え火をおこなう場所ですが、家の玄関前や門の前でおこなってください。 室内でおこなうと火事の恐れがあります。 また、門の前が道路だと危険だったり、通行の邪魔になったりしますので、気をつけましょう。 家が戸建てでなくマンションやコーポの場合、ほかの住民の迷惑になったり、家事の危険があります。 マンションやコーポなどでは、迎え火はしないようにしましょう。 迎え火をおこなう手順 迎え火の道具が準備できたら、次は迎え火の・手順について紹介していきますね。 迎え火の手順は、以下のとおりです。 おがらが長い場合は、適切な長さに切る• 焙烙の上に新聞紙を少しちぎって載せる• 焙烙の新聞紙の上に、おがらを載せる• 火をつける• しばらくして火が消えたら、片付ける 順に詳しく紹介しますね。 まず、おがらが焙烙に対して長いことがあります。 その場合、適切な長さにハサミなどを使って切りましょう。 次に、いらない新聞紙を用意します。 少しだけちぎって、グシャグシャにし、焙烙の上に置きましょう。 これは、おがらだけでは燃えにくいためです。 次は新聞の上から、おがらを載せます。 おがらが互い違いになるようにして載せると、あいだに空気が入って燃えやすいですよ。 そして、いよいよ火をつけます。 下の新聞紙に火をつけてくださいね。 火がついたのを確認したら、手を合わせて、祖先の霊に気持ちを伝えましょう。 その後は、火が消えるまで置いておきます。 風が強いときは危険なので、水をかけてすぐに消しましょう。 自然に消えた場合も、念のため水をかけてくださいね。 燃えたおがらは捨てます。 捨てかたは、各自治体の捨てかたにしたがってください。 マンションなど家で迎え火ができないときは「盆提灯」を さきほど、マンションなどでは迷惑なったり火事になったりする可能性があるので、迎え火はしないようにと紹介しました。 でもせっかく祖先の霊を迎える盆なので、迎え火をしてみたいという場合もあると思います。 そんなときは「盆提灯 ぼんちょうちん 」で代用しましょう。 現在の盆提灯のほとんどは電灯式で、コードをコンセントに挿して、スイッチを入れればすぐに光がつきます。 とても手軽ですよ。 私の実家は戸建てですが、盆提灯を使っていました。 また、迎え火と盆提灯を併用する家庭もあります。 盆提灯は、盆が近くなると仏具店などで販売されていますので、欲しいときはのぞいてみてください。 さいごに 家庭環境や生活様式、住宅事情などが昔とは変化し、盆のならわしや過ごしかたも変化してきています。 迎え火も昔とは同じようにおこなえない場合も多くなりました。 盆提灯などを使う家庭も増えていますね。 もちろん、地域や宗派などによって迎え火はさまざまな形がありますよ。 ぜひ、実家や近所のかたなどに迎え火について聞いてみてください。 オマケ:盆に関する記事の一覧 記念日のしおりでは、ほかにも盆に関する記事があります。 ぜひ参考にしてください。

次の

「お盆」2020年の期間はいつからいつまで?お盆の由来や意味とは?

お盆 迎え火 いつ

お盆の迎え火・送り火とは? お盆は、亡くなった方の霊が お里帰りをする期間です。 祖先の霊が、 迷うことなく自分の家に帰ることができるようにと焚くのが 迎え火• お里帰りをしていた霊が、 迷わずに天国へと帰ることができるようにと焚くのが 送り火 になります。 お盆の迎え火や送り火はいつ焚くの? 迎え火は、 お盆の入りの日の夕方に玄関先で焚き、きちんと火を消してから家に入って夜のお供えをします。 特に何時という決まりはありませんが、暗くならないうち(闇が迫りくる前)にお迎えします。 そして 送り火は、 お盆の最後の日に、迎え火と同じように焚きます。 お盆の行事を行う日は、地域によって違いがあります。 一般的なところをお伝えすると、 迎え火は 8月13日、 送り火は 8月16日で、 時間帯は 17:00~19:00となっています。 迎え火・送り火の材料とやり方は? また!?と思われるかもしれませんが、迎え火や送り火の 材料も やり方も、地域によってさまざまです。 一般的には、• おがら(麻の茎)• カンバ(白樺の皮などの天然素材を乾燥させたもの) を材料として用い、 焙烙 ほうろくと呼ばれる素焼きの皿に材料を乗せて、玄関先などで火を焚きます。 材料のなかで、「おがら」が手に入り難くなっているため、代わりに「松」を利用する地域が増えてきているようです。 もし、材料を手に入れるのが困難な場合は、ネット通販を利用してはいかがでしょうか。 また、マンションなどにお住まいで、迎え火や送り火を玄関先で焚くのはちょっと・・・という場合は、玄関先に 盆提灯を飾るようにします。 ろうそくの火が心配という方は、電池灯の盆提灯を飾っていただければと思います。 伝統的な送り火の行事 今では、ある種お祭りに近いような存在になっていても、本を正せば 送り火の行事というものが、日本各地に存在しています。 その中から代表的な行事を2つご紹介して、この記事を閉じたいと思います。 京都府「五山の送り火」 もしかしたら「大文字焼き」と言えばピンとくるかもしれませんが、正式名称ではありません。 「五山の送り火」とは、• 東山如意ヶ嶽の「大文字」• 松ヶ崎西山・東山の「妙・法」• 西賀茂船山の「船形」• 金閣寺付近大北山 大文字山 の「左大文字」• 嵯峨仙翁寺山 万灯籠山・曼荼羅山 の「鳥居形」 この五つを指します。 中でも、東山如意ヶ嶽の 「大文字」が最もよく知られています。 長崎県「精霊流し」 写真は、 長崎県島原市のものです。 切子灯ろうの淡い光に包まれた精霊船が夜の有明海を流れていく様子は、 美しく情緒的です。 同じ長崎県でも、 長崎市内の精霊流しは、爆竹と鐘の音が鳴り止まないハデで騒がしく お祭りのようなものです。 ところ変われば・・・とはよく言ったもので、お盆の期間がさまざまであるように、お盆の行事もそれぞれの地域に形を変えて根ざしています。

次の

お盆の行事!迎え火や送り火はいつ焚くの?そのやり方は?

お盆 迎え火 いつ

お盆とはご先祖様が帰ってくる日です。 地域によって異なるようですが、一般的には「迎え」は13日、「送り」は16日です。 13日にお寺にちょうちんを持ってお寺に行き、お経を唱えてもらってからちょうちんに火を入れてもらい、消さないようにして家の仏壇まで持ち帰り、その火でろうそくに火を付けます。 これが「迎え火」です。 火が帰ってきたご先祖様、と言うわけです。 16日はご先祖様が帰る日です。 きゅうりやナスに割り箸で足をつけて馬を作り、それと藁を一緒に外で燃やします。 火は、例の仏壇の火を使います。 その煙に乗って、天高くご先祖様が帰っていきます。 これが「送り火」です。 だいたいこんな流れです。 なので、毎日行うことは、まずありえません。 お盆の最中は、ご先祖さまは仏壇に帰ってきてますので、お墓は空っぽです。 お墓参りしても意味ないし、たまにしている人を見かけますが、笑われます。

次の